センター演習のやり方(志村ver.) | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

2017年 12月 30日 センター演習のやり方(志村ver.)

こんにちは!志村です!

2017年ももうあと少しで終わりですね!

 

最近になってセンター演習のやり方について質問を受けることが多いので

自分が受験生の時にやっていた方法を

今更ながら、皆さんにお伝えします。

 

もしかすると

似たような方法論が過去のブログにあるかもしれないですが

既視感を感じた人も、復習感覚で読んでみてください。

 

やり方は至ってシンプル。

①分野別に学習する

②通年演習をする

このを繰り返す。これだけ。

 

の目的は、弱点の補強

の目的はペースの配分をつかむというところにあります。

 

もし、弱点がない場合(自分にとっては国語がそうでした)

だけでもかまいません。

 

ただ、だけやればいい場面はないんです。

 

仮に、大問ごとに演習して

各分野で良い点が取れたとします。

しかし、通しでやってみる意外と点が取れません。

 

なぜか。答えは、ペース配分ができていないから。

(※多少の例外はあります)

どちらも、ペースを知らないが故の

時間の不足』から来るミスですね。

 

ペース配分は、試験における「作戦」の一つなので

予め自分のペースを設定しないで試験に臨むのは

自殺行為に等しいです。

 

志村の国語(80分)を例にすると

大問4→5~10分、大問3→15~20分(3,4合計で30分以内)

大問1,2→各20分程度(1,2合計で40分以内)

残りが見直し(最低10分)

という感じでやっていました。

 

自分で解いていく中で設定したペース配分があると

例えばその大問を解ききれない状況になっても

諦めはつきやすいと思います。

 

さらに、上記では見直しの時間を設けてあるので

そこでケアレスミスをある程度対策でき

最悪の場合、解答時間を最低10分は延長できます。

 

また、少し話は逸れますが

大問4から書いていることにも意味があります。

 

志村は国語を解く時、大問4→3→1→2の順で解くことを表します。

得意から先にやっていくイメージですね。

こうすることで、得意分野を確実に全問解答することができます。

 

得意苦手の順番は

最初でこけると精神的ショックを受けて、それが後に響くというデメリットもありますが

私は国語でそうなったことはありません!

(採点したら低かったっていうのはあります笑)

 

あと、順序を変えるとマークミスの危険も高まります。

(志村は実際本番でミスを犯し、8点失いました…)

 

デメリットもありますが、凄く大事な作戦の一つなので

是非ペース配分と合わせて考えてみて下さい。

 

 

それでは、まとめに入ります。

受験生の皆さんは、もしよければ を参考にして頑張ってください!

本番まではあと二週間ですが、やれることはまだまだあります!!

 

では、高校1、2年生の皆さんは?

センター試験と同じ日付に、同じ問題を解くことができる

センター試験同日体験模試を受けてみましょう!

 

理由は以前のブログで高橋喜行先生が書いているので

志村は書きません(笑)

こちらをクリックして喜行先生のブログを読もう!

 

受けて損はないと思うので、少しでも気になる方は是非

申し込んでみて下さい!

お申し込みはこちらから!

 

ご不明な点等ございましたら、是非ご連絡下さい!

それでは皆さん、良いお年を!

 

☎草加校:0120-104-690

アクセス:http://www.toshin.com/tokubetsu_shotai/