センター試験同日体験模試を有効活用する話 | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2017年 12月 28日 センター試験同日体験模試を有効活用する話

こんにちは!

久しぶりにブログを書きます、高橋喜行です(最近みんな久しぶりって言ってる気がする)

まあ今日僕が何について書くかは、タイトルを見てみんな分かりますよね?笑

ズバリ、

「センター試験同日体験模試」

についてです!

今日は、その有効な活用の仕方について紹介したいと思います。

 

多くの人が

「何で二日間で受験するの?」

「何で一月に受験するの?」

という疑問は持っていると思います。

そこで!

それらの疑問にたいする回答をここでしたいと思います!

それはズバリ、

「本番に限りなく近い環境で、本番と全く同じ問題を解くため」

です。要は擬似本番、ということですね。

本番と同じ問題本番と同じ二日間で解くことで、

「来年、再来年に取るべき点数と今の点数の差を知る」

だったり

「二日制という環境を事前に知っておく」

といった事ができます。

また、模試の問題はあくまで模試形式を似せて作ってはいますが、

どうしても傾向までは完全には真似できません

しかし、センター試験同日体験模試では

「本物のセンター試験の問題」

を解く事が出来ます!

みんなが受けるセンター試験に最も近い問題を解く事ができるのが

「センター試験本番レベル模試」

なのです。これはいいこと尽くめではないか!!!!

 

もう、これでみなさんも模試、受けるしかないですよね笑

是非センター試験同日模試を受けて、

学力向上大学合格に近づいてください!