合格設計図(週間予定)の計画の立て方・活用の仕方 | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

ブログ

2016年 6月 7日 合格設計図(週間予定)の計画の立て方・活用の仕方

こんにちは!担任助手1年生の伊藤です!

今回は私が生徒時代の合格設計図・週間予定の計画の立て方・活用の仕方について書かせてもらいます。

まず最初に大切なキーワードをみなさんに伝えます

それは・・・・・

 

           「逆算」          

                    です!!!

 

年間の合格設計図の場合は、「何月までに終わらせる」

「7月に入る前に受講を終わらせる」

「夏までにこの参考書を終わらせる」など大まかな

計画をたてます。そのときに大切なのは詰め込みすぎないで

計画がずれたときに修正できるように少し余裕をもたせることです

計画通りにいったときはその余裕ができた時間に自分の苦手分野

克服に努めるなど有意義な時間がうまれます。

次に週間予定です。

週間予定か合格設計図と違って細かいところまで

きめます。1分1秒も受験生にとっては大切で貴重な時間です。

私は受講のほかに自習の時間も記入していました。

ここで大切なのは自習の内容もかくことです。

その時にいちいち何やろうかなーと考えるのは時間の無駄であり、

計画性に欠け、効率の良い勉強はできません。

 

みなさんにはこの点を踏まえてこれらのシートを活用してほしいです。

そして、当たり前のことですが、完成したシートはいつでも確認できるように

常に自分の手元に置いていきましょう!!!

センター模試まであと約2週間です。

 

しっかりと計画を立てて1点でも多く点数をとりにいきましょう!!!