~受験に繋がる夢・志作文とは?~ | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2017年 6月 10日 ~受験に繋がる夢・志作文とは?~

 

 

こんにちは!

担任助手の梅賀です!

 

 

みなさん!

突然ですが、夢・志についてよく深く考えたことはありますか?

そして、夢・志について作文を書いたことはありますか?

 

そこで、本日は

現在東進の高校1、2年生が取り組んでいる夢・志作文について

紹介していきます!

 

夢・志作文の課題内容はこちらです! ↓

 

 この課題作文では、

自分の夢・志だけではなく、

夢・志の実現が社会に与える影響や世界の多様な人々との関わり方といった

社会・世界への貢献・関わり方についても考えます。

 

 

 

↑上記の写真は

校舎の夢・志作文についての掲示です。

 

このプログラムは

東進の特徴の1つであり、

他の予備校にはないものとなっています。

 

しかしこの夢・志作文の存在を受けて、

「この作文を書く意味はあるのだろうか」

「予備校では勉強するだけでいいのではないか」

「この作文は難しくて書けないのではないか」

と思う人がいるかもしれません。

 

確かにこの課題はとても難しく感じるかもしれません。

実際に僕も昨年この作文を書いて、

難しい課題だと実感しました。 

 

※ ↑上記のように

今年も、担任助手も作文を書きました。

 

しかし、

夢・志について高校1,2年生の間に考えておくこと

とても大切です。

 

 

なぜなら

第一志望校に合格することは

皆さんが夢・志を実現するための中間目標だからです。

第一志望校に合格することが最終目標ではありません。

 

 

そのため、

第一志望校に合格した後に何をやりたいのか

を考えておく必要があります。

 

第一志望校が決まってない人は

夢・志から逆算して

第一志望校を決めることができます。

 

また高校3年生になってからは

受験勉強で一段と忙しくなります。

そのため高校1、2年生のうちに

じっくり時間をとって考えておく必要があります。

 

 

また前述の通り、

この作文では社会・世界との関わり方も考えます。

 

 

夢・志というのは

自分軸だけでなく、社会・世界軸で考えることがとても重要です。

 

 

なぜなら、

時代に沿って社会・世界は変容し、

それに合わせて存在する職業、求められる能力等が異なるからです。

 

極端な例ですが、

昭和時代にYoutuberになりたいと目指しても

Youtubeは2005年に創立されたため、なることはできません。

 

そのため、

視野を広く自分の夢・志を考えるために

この課題についても考えてもらっています。

 

 

そして、

夢・志明確かつ具体的な人ほど

モチベーションを高く維持して勉強に取り組むことができます。

 

 

よって結果的に、

一見受験勉強に関係なさそうに思える夢・志作文

受験勉強に非常に大きなプラスの影響を与えます。

 

 

さらに夢・志作文を書いた生徒のうち

志高き30名が選抜され、

中国NO.1の大学である「清華大学」への短期留学プログラム

に参加することができます!

これはとても貴重な機会であり、

高校生のうちに味わったこのような経験は、

今後の人生に大きな影響を与えると思います。

 

 

ただ一番大切なことは、

立ち止まって自分の夢・志について

自分自身で沢山悩んで考えることです。

 

 

東進生の皆さんは

良い機会なので是非この作文を書きましょう!

草加校の作文提出期限明日となっています。

 

東進生ではない皆さんも、

このブログを機に自分の夢・志について

考えてもらえればと思います!