科目別勉強法~英語編 Part2~ | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

ブログ

2016年 10月 2日 科目別勉強法~英語編 Part2~

 

 

こんにちは。

担任助手の伊藤です。

季節の変わり目ですが、みなさん元気ですか?

私は最近、頑張っている生徒を見て、自分も今より

もっと頑張らなければならないと背中をおされ

今は中国語検定に向けて勉強に励んでいます!!

 

このテキストを使って毎日勉強しています!!

目標はこのテキストを5周することです!!

いろいろなテキストに手を出さずに1つのテキストを

覚えてしまうくらいまで繰り返しやることが大切ですよね!

中国語に限らずすべての言語に共通すると思います。

 

さて、

 

なぜ中国語なのかというと私は大学で第二外国語として

中国語を学んでいるからです。中国語は日本と同じように

漢字が使われているのでとてもおもしろいです。

 少し紹介すると・・・

私→我

コンビニ→便利店

アメリカ→美国

といったように中国語では表記されます。

なんとなく「あーなるほどね」と思いますよね??笑

 

皆さんも大学生になったら第二外国語を学ぶと思います!

特に文系の方!!!

今からどの言語にしようかなーと考えるのも楽しいですよね??

大学入学したあとのことを今から想像すると

モチベーションも上がると思います!

前置きが長くなりましたが・・・

今回は前回の続きで

英語

の勉強のお話しをしたいと思います!

前回お話ししたことを実践したことを前提にしてお話しするので

「あれ?前回のまだ読んでないよ?」

という人は少し前に戻ってみてください!

それでは第二弾行きましょう!!!!!!

 

今回は、センター大問で苦戦している方も多いことでしょう・・

文法

それから、センターの後半に出てくる配点も高く差がつきやすい

長文

の勉強方法について書きたいと思います!

まずは、文法から!!

私が高校生の時に使っていた参考書は主に、

 

この2つです。

左の参考書は細かい文法事項の説明がかいてあり、

右の参考書は実際の大学入試ででた、

間違えやすい問題などをベースとして

作られています。左の方が細かく説明が

書かれているので右の参考書で問題をといて

つまずいたり、もっと詳しくしりたい!と思ったときは

左の参考書を開いていました。

文法は繰り返し問題をといていくことが大切です。

間違えたら参考書をみたり、解説を読みます。

そこで大切なのは間違えた問題にしるしをつけることです。

1週間後など日をおいてからもう一度解きます。

これをくりかえします。答えを覚えてしまうくらいまでやります。

 

そうすると自然と形を覚えますし、似たような問題が

過去問を解いていくうちにたくさん出てきます。

すでに覚えてしまっていたら、もうラッキーですよね?

その問題は秒で解けます!!!

このように文法は1日や1カ月など短期間で完成させようとせずに

こつこつ繰り返していくことが大切ですね!

 

次に、長文

 

長文ではやはり土台となるものは

単語と文法ですね!

分からない単語ばかりでは、その文章のテーマをまず

掴むことができません・・・。

そしてある程度の読むスピードがないと

時間がかかってしまい時間内におわりません。

それは前回お話しした音読で鍛えます。

 長文はたくさんの文を読むことをオススメします。

いろいろな文を読むほどたくさんの単語に出会えます。

また、同じようなテーマの文ときは大体出てくる単語も同じです。

そのため。文章をさーっと見たときに目に入った単語だけで

文章のテーマを掴むことができます。

最初にテーマを知っていた方が読み進めやすいですよね??

 

そして問題を解くときのポイントとして

段落ごとに軽く要約してメモすることです。

問題文を読んだときにその答えがどの辺にあるのかが

見つけやすくなります。また文章を読み進めるときに一度頭が

整理されますし、ちょうど良い休憩にもなります。

 

文法、長文に関して、このやり方はあくまで私の主観が

入ってしまているので参考程度にしてください!

1番は自分にあったやり方を見つけていくことです。

今回のこの記事がみなさんのヒントとならばうれしいです!!

2回にかけて読んでいただいてありがとうございました!

英語は大学受験が終わってもずっとつかっていくものなので

 

今から全力で学んでいきましょう!!!