記述模試を活かそう!! | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2018年 5月 13日 記述模試を活かそう!!

お久しぶりです!!

ブログを書くのはいつ振りだろう・・・2年生になって野外実習が増えてきた、高橋喜行です。

この間は袋田の滝まで地質調査(観光ではない)に行ってきました。

レポートの嵐でかなり参っています。大学生はレポートがとっても多いです。

僕の所属している学類は地球学類ですが、地学だけでなく英語体育(!)でもレポートがあったりします。

 

さて、大学生はレポートで成績を付けられますが、受験生が何で成績を付けられるかというと・・・

そう、「模試」です。

東進ハイスクールでは本日、「第1回 有名大・難関大本番レベル記述模試」が実施されました。

模試を受けていた皆さん、お疲れ様です!

多くの人にとって、初めての本番レベルの記述模試ではなかったのではないでしょうか。

もしかしたら

「センター模試は復習の仕方がわかるけど、記述模試はわからない・・・」

「点数の目標ってどうやって立てればいいんだろう・・・」

という人もいるかもしれません。

そこで、今回は

「記述模試の活かし方」をお話ししていこうと思います!

 

 

まず最初に抑えておいてほしいことは、

記述模試に対する根本的な心構えは

「センター模試と変わらない」ということです!

もちろんセンター試験とは問題の形式が違うので、復習の「やり方」は異なります。が、

「間違えたところ、わからなかったところを復習する」という基本的なところは変わりません。

そのうえで、記述問題の復習では、「問題を解く過程をカンペキにする」ことが重要です。

模試の答案も添削されて返ってくるので、自分の答案のどこを直すべきかも確認できます。

そして、有名大・難関大本番レベル記述模試の帳票では、

「合格判定」と、ライバルとの点差」がリアルにわかります。

これらを見て、東進の先生と相談をして、次回の記述模試(7月)までに

どの科目・分野を強化していくかを決めていきましょう!!