集中力が途切れそうになった時は「自声ディクテーション」をしよう! | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2018年 5月 30日 集中力が途切れそうになった時は「自声ディクテーション」をしよう!

こんにちは!担任助手2年の林です!

私は明日から始まる中間テストの勉強で今日は眠れません!笑

皆さんはもう既に中間テストを終えていると思いますが、大学の中間テストは始まるのが遅いんです!(泣)

みなさん!

5月もあと1日で終わりますね!

夏休みももう目前です!

しかし、夏休み前のこの時期は、なんだかダラけてしまいがちじゃないですか?

そこで、今日は集中力を切らした時にするリフレッシュ法を伝授します~!

また、同時に学力アップにもつながります!

それはズバリ

『自声ディクテーションです!!

目の前の勉強に飽きたら、違うことを20分使ってやることで頭の整理にもなります!

やり方

①アプリのボイスレコーダーを開く

②暗記したい文を音読して録音する

③繰り返し再生しながらディクテーションをする

です!

これは実際に東大合格者の人がやっていた方法なんです!

歴史の教科書をひたすら音読したのを1.5倍速で繰り返し聞いていたそうです!

自分の声なので倍速にしても聞き取れますよね!

歴史の教科書ならひたすら聞くのはありかもしれませんが

英語なら「聞きながら書く」という作業をしましょう!

手を動かしましょう!

英語は長文や短文を聞くことで暗記だけでなく、リスニング力も上がります!

また、書くことでスペルミスといったものを防ぐことにもつながります!

私も実際に大学でフランス語を学んでいますが、この方法を使っています!

みなさんもぜひトライしてみてください!

(自分の声を聞くのは恥ずかしい・・・という方はイヤホン!!!!絶対イヤホンつけて!)