6月 | 2017 | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

ブログ 2017年06月の記事一覧

2017年 6月 30日 センター日本史悪かった人へ

 

はい!皆さんこんにちは!

担任助手3年の中川なかがわ)です。

最近は蒸し暑いですね…。

そして天気が不安定…。

草加から大学の最寄まで遠いので天候が全く違うときも多々あります。笑

 

暑さやジメジメさに打ち勝っていきましょう!

 

さて、先日は張先生がセンター試験本番レベル模試の数学についてのお話をされていたので、

今回は日本史についてお話ししたいと思います。

アドバイスという経験談です!

 

私も元東進生でしたので6月の模試は受験しました。

まず受験するにあたって大事にしていたことは

既習範囲は完璧に答える

ことでした。

日本史は流れです。断片的に学習すると本当の学力とは言えません。

何事において流れで大切なのは…

そう始まりです。

日本史でいうと旧石器時代や縄文時代、弥生時代から始まりますよね。

特に縄文時代や弥生時代は中学生からおなじような内容を

繰り返し学習していると思います。

 

その既習範囲は東進の講座の取得の有無や進捗によって変わりますが

学校でも習った。東進でも習った。

という時代は何が何でも正解していきましょう!

(どうやって正解に導くの?という声は後程お話しします。)

 

そして、模試の受験を終わった今!

しっかり復習していますか?

復習の方法、雑ではないですか?

ここから体験談になりますが私は解説冊子を活用していました!

こちらですね。

6月のものを参照するにはまだ早い(当日受けることができなかった生徒がまだうけています)ので

前回のものを使って写真とともにお話しします。

私のよく使っていた箇所は

こことか…

こことか…

などなどです!

つまりは

参考

のパート絶対に抑えてください。

参考でよく掲載されているものとして

時代の時間軸(年表

地図

など、目で見て覚えられるものは

しっかりチェックしておきましょう!

 

また、1枚目や3枚目のように

歴史的事項を正確に述べている文章

間違いの選択肢も解説してくれているものも

知識として吸収していきましょう。

 

せっかくの模試なので不正解であったところは

少しだけ反省したり落ち込んだりするのはしょうがないですが、

そのあと!

模試で吸収できる知識は思う存分吸っていきましょう!

 

また、復習後の話ですが、

自分の日本史の弱点や得意分野をしっかり分析したうえで

過去問演習・分野別演習

進んでください!

「いや、夏休みっすよね?」

って方もいると思いますが、早いに越したことはないです。

むしろ今から始めれば丁寧に演習できます。

 

いまからスタートさせて選択科目は

夏で完全制覇させましょう!

 

 

2017年 6月 29日 センター数学悪かった人へ

 

どうも、張ですー!

 

最近雨多いですねー。

最近の悩みなのですが、

置き傘忘れる!!

ずぶ濡れ!!!

寒い!!!!

(二度と忘れないと誓う)

家かえってあったまる

機嫌回復

(最初に戻る)

という無限ループから抜け出せません(´;ω;`)

誰かアドバイスくださいいいい

 

 

ところで皆さん。

センター本番レベル模試、お疲れ様でした!!

 

 

勉強の手応えを感じることができた人!

おめでとう!その勢いで夏に突入しよう!

 

思うように点数がとれなかった伸びなかった人!

特に、数学の点数が低かった人!

どんまい!原因を見つけよう。

 

もう復習はしましたか??

 

数学の復習をもうした人、

もしくはよくしている人は

気づいているかもしれませんが、

センターの数学は、

誘導にのること

が非常に大切です。

つまり、

前の設問で求めたことを基に次の問題を解く

ということですね

当たり前のことではありますが、

校舎で質問を受けていると、

前の設問で求めたものを活かしきれていない人

が多く見受けられます。

 

ここで、

「それってただのセンターありきのテクニックじゃん。。」

と思った方いませんか?

それは、

大間違い

です

もう一度いいます。

 

 

です。

実は二次の記述問題では、

センター試験以上に誘導に乗ることが求められます。

しかも、

二次試験では設問数が2-3問と少ないことが多いため、

センターよりも自分で考えなければならない部分が増えます。

 

例えるなら、

センター試験はコンパスと地図を与えてくれるのに対して、

二次試験ではコンパスしか与えてくれない

というところでしょうか。

地図とコンパスがあっても目的地に辿り着けない人が、

コンパスしか持ってなかったら、

間違いなく遭難しますよね

(Google Mapつかえばええやん!という突っ込みはナシです笑)

 

まぁとにもかくにも、

誘導に乗る能力も数学力の大事な要素です。

不安になった人は復習の際に是非意識してみてください!

 

では!!

2017年 6月 27日 スタートダッシュは早いのがお得

 

こんにちは!

最近急に暑くなってきて、日陰を渡り歩く生活をしている

1年太田です^^

現在

東進ハイスクールでは

夏期特別招待講習を行っています!!

講座まで授業を、無料で受けられる講習の締切は

2週間後の

12日(

です。

実は私、太田も高校1年生のとき

この夏期招待講習をきっかけに

東進ハイスクールに入塾しました (^ ^)

高校2年生の皆さんで

(´-`).。oO(まだ2年だし、早くない?

と、思う方もいるかもしれません

が、

受験にフライングはありません!!

同じスピードで走る(勉強する)A君とB君がいたとき

早くスタートした A君が

遅れてスタートしたB君よりも早くゴールするのは

明らかですよね。

東進で今のうちから勉強する習慣をつけ

ライバルと差をつけましょう!

逆に、既に東進ハイスクールに通っている

高校1、2年生の皆さん!

(・∀・).。oO(スタートダッシュが早いから余裕だぜ!)

と思っていませんか?

はい、

油断大敵です。

さっきのA君が

A´-`).。oO (だいぶ走ったしこの辺で歩くか・・・)

といってスピードを緩めてしまうと

後から

ヽ(B;´Д`)ノ.。oO (スタートが遅れた!!このままじゃ負ける!)

と、全力疾走してきたB君に

簡単に抜かされてしまいます。

簡単に抜かされないためにも、

今のうちからスピードを緩めず安定したペース

後々迫ってくるB君たちと

大きくをつけておきましょう!!

それでは、日陰を選んで帰りたいと思います。

以上、太田でした。

 

 

 

2017年 6月 26日 大学紹介!~明治大学編〜 (生田)前編

 

はい!皆さんこんにちは!

担任助手3年の中川なかがわ)です。

 

本日は

なぜやってなかったのか???

こんなに有名で人気のある大学なのに???

という反応も多いかと思います。

大学紹介~明治大学編〜を

お届けしようかなと思います!

 

と、言いましても明治大学はキャンパスが4つもあります!

そのなかで 私は生田(いくた)キャンパス

に通っております。

生田キャンパスは

理工学部農学部

があります。

 

草加からは電車で約1時間半…

毎日が遠征のような感じです。

ですが、その時間も有意義に使いたいので

最近では読書をしています!

行きの電車はゼミの課題の本

帰りの電車は自分が読みたい本

を読んでいます!(たまに寝てしまいます笑)

 

そしてキャンパスは

 桜がきれいな(春です)道を通って…各校舎に向かいます!

ちなみに

こちらが生田坂といわれる坂です…

急勾配なので登りきると汗かきます…笑

また、茂みからタヌキを見たことがあります笑

 

校舎のほうは

大きいものだと右が中央校舎

左が理工学部の校舎です!

農学部生はまず中央校舎受けることが多いです。

 

…これ以上お話すると永遠と書けてしまう気がします。笑

 

次回!

私のブログの時に後半をお届けします!

後半では3年生なのでより学術的なものから

将来の話まで…

密度の濃いものにしたいと思います!

乞うご期待!

 

 

 

2017年 6月 25日 本日はセンター試験本番レベル模試!!

 

 

こんにちは!担任助手1年の松尾です!

本日は草加校と外部会場にて

第3回センター試験本番レベル模試

を実施しています!

 

さて、、模試受験を終えた皆さん、、

いかがでしたか…?

先週も申し上げたように

今回の模試は夏を迎えるにあたっての前哨戦

次回の8月に行われる模試で理想の点数をとるためには

今回の模試 有 効 活 用 することが大切です!

 

活用方法① 模試の帳票を利用

校舎で返却される帳票で見るべき

模試の復習においてのポイントは、

「出題内容・分野・項目別の得点推移」

「設問別得点詳細」

です!!!

自分の得意・苦手分野を分析したり

復習の際に重点を置く設問を考えたり…

と活用方法は様々です。

現状の点数と向き合い

夏の過ごし方を今一度考えてください。

 

活用方法② 解答解説の冊子・解説授業を利用

東進模試の一番の魅力はずばり、

東進の先生方が発信してくれる解説授業です。

 

 

問題の解法の解説はもちろん、

近年の傾向や受験生が間違えやすいポイントを

示しだしてくれます!!

卒業生のなかにも解説授業を活用して

合格を勝ち取っていった人も多くいます。

受験後配布される解答解説を読みほぐし

解説授業で知識・理解を深めてください

 

夏は学力をググッと上げる絶好の機会となります。

天王山を万全の状態で迎えるためにも

6月・8月模試を活用してください!!