11月 | 2017 | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

校舎からのお知らせ 2017年11月の記事一覧

2017年 11月 30日 高0、1、2生がこの時期にするべきこととは!?

 

こんにちは!

冬生まれなのに寒さに耐えられない担任助手の林 真帆です!

 

本日は「高0、1、2生がこの時期にするべきこと」を話します!

まず最初に結論を言ってしまいましょう…

ズバリ!するべきことは…

《基礎学習を終えて、早期に志望校対策を行える状態にすること》です!

 

Question 1どうしてそんなに早く始める必要があるのですか?」

Answer「入試は毎年、難化傾向にあります。つまり、第一志望校に合格するためには

【早期習得・早期完成】が大切なのです!」

 

Question2「志望校が決まってないのでまだ始めなくていいと思ってます…」

Answer「勉強は早いに越したことはありません!

早期から始めることで成績が上がる=受験できる大学の選択肢が増えますよ!」

 

Question3「難しそうでついていけなさそうな気がします…」

Answer 「しっかりと段階を踏んで、自分のレベルに合った内容から学習できるので安心してください!」

 

草加校では定期的に説明会や面談を設けていますのでぜひお越しください! いつでもご説明・ご相談を承りますので草加校にお問い合わせください!

☎草加校:0120-104-690

アクセス:http://www.toshin.com/tokubetsu_shotai/

 

 

2017年 11月 29日 新受験生スタートダッシュ!!

 

こんにちは!担任助手1年松尾です!

 

実は11月18、19日で

理科大の学祭がありました!

私は実行委員なのですが

めちゃくちゃ密度の濃い4日間を過ごしました:-)

高校生の皆さん!

大学生すごーーーくタノシイですよ!!

 

さて、現役憧れの大学の学生になりたい

高校年生、年生の皆さん!

特にまだ東進に入学していない皆さん!

 

今何をすべきかわかりますか??

これを考えるにあたって

まずは合格するためには

何をすべきかを考えてみましょう!

 

①各教科基本事項を覚える

 

②基本事項がどうしてそうであると

言えるのかを理解する

 

③そのことを使って

問題を解くことができるようになる

 

その他入試問題がどんな感じなのか知るなど、

必要なことはたくさんありますが、

とりあえず以上の3点で。

 

次にそれぞれどのくらい時間

かかるのか考えてみましょう。

ここでは学校の定期テストを

想定してみましょう。

 

①は要は公式の暗記に

かかる時間ですね。

聞かれたらぱっと答えられるようになるのに

定期テストの範囲くらいの量ならば

1~2日程度でしょうか?

 

②は授業のノートや教科書の文章を

理解するのに必要な時間です。

これがきちんと理解しようとすると

時間がかかる、、

5日程度ですかね、、

 

最も時間をとられるのが

アウトプットの③ですね。

これは際限がないので

7日くらいを見積もってみましょう。

 

全部合わせると2週間

 

入試で問われるのは、

教科書の全範囲かそれ以上

(ざっと10倍

全てを理解するのには時間が必要です。

(ざっと2倍

 

って感じなので安易的ですが、ざっと20倍してみると

計10か月

いつも定期テスト前のように

時間があるわけではないと思うので

ざっと×1.5

よって計15か月!!

 

部活等に励んでいる人は

もっと時間が必要でしょう。

また学校行事も含めると

時間…?アレ…?ってなるでしょう。

 

だから今すぐ「①基本事項の覚える」

を始めなければならないのです!

 

具体的には

英語→単語・熟語・文法の確かな習得

数学→公式の暗記、どんな時に使えるのかの理解

国語→古文単語250の修得等

理科→法則や公式の暗記

社会→学校でやった範囲の完璧な理解

が必要です。

 

長くなりましたが、受験生にとって

時間はいくらあっても足りません。

 

今からスタートダッシュ

切っちゃいましょう!!

 

 

2017年 11月 28日 部活生はどのように勉強を進めていくか

 

担任助手の高橋駿太です。

 

突然ですが、高校1,2年生の部活生に質問です!

受験勉強開始の時期ってご存知でしょうか?


引退後かなとか、二年生になってからとかかなとか色々と思う事はあると思います。

しかし、そんなのでは遅いのです!

部活生は今始めなければいけません!


 

巷で言われている『部活生は引退後伸びる』

これは現役の時から部活と勉強を両立し、

しっかりと自分のペースが出来上がっている人の事を指します。

 

何故なら、部活生は部活をやっていない生徒との勉強確保時間の差が大きい!

 

引退してから頑張るのでは遅いですよね!

 

なので、受験勉強はすぐにでも始めましょう!

ほんとに忙しい時でも少しはやる!

毎日継続してやる事が合格への近道です!

 

 

2017年 11月 27日 確認・修了判定テストでSSを取ることの大切さ

 

 

こんにちは!担任助手の林 真帆です!

 

寒いですね…暖房を1日中つけっぱなしにしてしまいます…よく怒られます。

 

 新高2・3生の皆さんは新年度の講座を開始していますね!

良いスタートダッシュは切れていますか?

そこで今回は改めて「確認・修了判定テストを一発でSSを取ることの大切さ」をお話しします!

 

東進では受講毎に確認テスト、講座が終わったら修了判定テストというものが存在します。

理由は、理解度を測るためです!

90分の授業が果たして身に染みたかどうかを改めて自分で確認できるのです!

 

また、両テストは点数によって、CBASSSというランクが付きます!

理解度100%=SS判定です。

 

たとえ80%=S判定だとしても、20%分、理解をしていないことになります!

これは危険です!

↑ ちなみに私が生徒時代のPOSの一部です! ↑

きれいなPOSは学力向上につながります!

常に一発でSS判定を取ることにこだわりましょう!

 

私は皆さんに、3日後に本当に定着したかどうかを再受験で確かめることを推します!

 

草加校では定期的に説明会や面談を設けていますのでぜひお越しください!

いつでもご説明・ご相談を承りますので草加校にお問い合わせください!

 

☎草加校:0120-104-690

アクセス:http://www.toshin.com/tokubetsu_shotai/

 

 

2017年 11月 26日 評価するのは他人

 


皆さんこんにちは!

最近寒い日が続いてますが体調管理は出来ていますか?

体調管理も受験生活においてとても大事な事です!

風邪にも負けずに受験生活頑張って行きましょう!

 

今日のテーマは『評価するのは他人です』と言う事で、

皆さんこの言葉の意味分かりますか?

 

〈そんな急に言われても〉って感じだと思いますが、

これは受験だけでとどまる話ではありません。

 

受験においてはどれだけ自分が頑張ったとか

こんなに努力している思っていても、

それが周りから見ての努力量に達していなければ

それはどんなに自分がやったとしてもまだ足りないと見なされます。

 

ただこれは、皆さんが自分の世界の中で完結させてしまっている事でもあるのです。

 

受験は全国のライバルと戦う訳です。

 

自分の世界だけでは到底敵いませんよね?

 

 

現実としっかり向き合いましょう。

 

今の自分の進んでる道やこなしてる量や質が

分からなくなったらどんどん聞きましょう!

 

そのために私たちはいます!

これからは高校3年生はラストスパート、

高校1,2年生は受験生スタートです。

 

正しい知識で周りから評価されるような日々を過ごしましょう!