【看護学生が伝える】面接の極意 | 東進ハイスクール 草加校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 11月 16日 【看護学生が伝える】面接の極意

 

みなさんこんにちは!

担任助手1年の高津みのりです

先週深夜12時に友達とラーメンを食べながら誕生日を迎えました^^

もう19歳って考えると早いな~と思います、、、

友達に19歳って実質人生の半分なんだよと言われ早すぎて落ち込みました、、(笑)

19歳も悔いなく過ごしたいなと思います!!

 

 

早速ですが、今回は面接の極意!ということで受験で多くの面接を経験してきた私が極意をお伝えしていきたいと思います

私は看護系の大学に行っているので多くの大学の入試で面接がありました。

大体2次で面接があるのですが、面接まで行った大学はすべて合格しました!

受験で面接を使うのは、推薦入試だったり、AO入試、医療系学部の入試など多岐にわたると思いますが

どんな入試方式でも通ずる所があると思うので是非最後まで読んでください!

 

 

①話す内容を決めすぎない

これは多くの人が陥りやすいのですが、面接で聞かれる質問集みたいなのにある質問に対して

ガチガチに答えを考えて面接に挑む人が多いと思います。

そうすると本番緊張して話す内容が飛んでしまったときにとんでもないことになってしまいます。

その為質問集に目を通すことはやるべきだと思いますが

言う単語を挙げるくらいでどのような流れで話すかをシュミレーションするくらいで良いと思います。

 

 

②練習をとにかく色々な人とする

これは本当にやるべきだと思います!!!!

学校の担当教員だけでなく、自分が行きたい学部系統の先生、面識の少ない先生、校長先生、教頭先生など

東進でも担任助手に声をかけてくれればいくらでも練習に付き合います!

色々な人と面接練習することで様々な目線の質問にも対応することができるようになります

面接本番は予想外の質問も多くされます

そのようなものに対応するためには様々な人と練習するのが1番です!

 

 

③とにかくにこやかに!目を合わせる!

面接は人となりを大学側が見る試験です

大学側に自分という人を知ってもらいたい!この大学に入りたい!!という心持で挑むのが吉です

また面接官が一人の場合はその人だけと目を合わせればいいのですが

複数いる場合は質問された人をメインに

話しているときに全員と目を合わせられると良いです!!

 

 

これらを頭に入れて面接に挑みましょう!

面接は自分を知ってもらう場です!

緊張するかと思いますが笑顔で楽しんで受けてください!

健闘を祈ります!!!!

 

 

ただいま東進は無料体験募集中です!
👇👇👇無料体験のリンクはこちら👇👇👇

こちらをクリック!

 

草加、谷塚、新田、足立区周辺で

予備校選びに悩んでいる方は是非一度訪れてみてください!

ご不明点ありましたら下記の電話番号に気軽にお電話ください!!

東進ハイスクール草加校

0120‐104‐690