小坂流加著「余命10年」 | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

ブログ

2020年 10月 31日 小坂流加著「余命10年」

こんにちは!

担任助手一年:長谷川銀士朗

です。

今回、ご紹介するテーマは

小坂流加著の余命10年

と言う本です。

私が読んできた本の中で、最高傑作だと思う本です。

タイトルがとても暗いですね。

タイトルを聞いただけなら絶対に買いたいとは思いません。

しかし、本屋でこの本を見つけた時、

本に吸い込まれる感覚を覚えました。

読んでみると、とても素晴らしい内容でした。

余命10年と宣告された彼女が、あと10年必死に生きる話となっています。

そして、この本を読んで初めて私は、読書で涙を流しました。

涙を流したあと、本の著者紹介をみると鳥肌が立ちました。

実は、この本は小坂流加さんの最後の本なんです。

彼女はこの本が発売される前に、持病が悪化し亡くなってしまいました。

私は、小坂流加さん本人がこの小説の主人公だと思いました。

小説の中では、彼女は後悔をたくさん残しました。

過去はもちろん変えることはできませんが、未来を変えることはできます。

後悔は今後生み出さないように、生きましょう!

彼女が命を削って、書いた作品となっています。

読書の秋ということで、

ぜひ、時間を見つけたら読んでみてください。

きっと、誰もが感動する話だと思います。