わたしの夏期合宿体験~樋口編~ | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2014年 4月 10日 わたしの夏期合宿体験~樋口編~

こんにちは!樋口です。

今日から草加校ブログのシリーズものが始まります(^O^)

 

今回のお題はこれ!

ぼく、わたしの夏期合宿体験談!

ですヽ(^o^)丿

 

そもそも夏期合宿ってなんだ!?

という生徒がほとんどだと思うので、始めに少し紹介しますね。

 

夏期合宿とは7月下旬にある、4泊5日の勉強合宿のことです。

内容は英語

この期間にテキスト一冊を完璧にしますヽ(^o^)丿

 

ざっと一日17時間勉強!

寝るとき、お風呂意外は勉強!

 

120%の努力を目指し、

一分一秒をむだにしません。

 

私が参加したのは去年、スタッフとしてです。

 

宿舎はみづの里でした!

担当したのはベーシック3の中山先生クラスです。

 

最初は生徒も急な環境の変化で

コメントを見てもネガティブなものばかりでした。

 

しかし、たくさんの生徒と触れ合うにつれて

ひとつの共通点に気が付きました。

 

それは、生徒は皆

自分を変えたい!

という思いを持って合宿に参加していたのです。

 

どんなに辛くても、生徒はその思いがあったからこそ

4泊5日を乗り越えられたのだと思います。

 

最終日は達成感でいっぱいでした!

中には帰りたくない!

と言っている生徒もいましたね(^O^)

 

私の担当したB3クラスの生徒は皆

大きく成長して合宿を終えれたと思います。

 

受験ははっきり言って甘くないです。

皆さんが思っているより、何倍もの困難が待ち受けています。

 

夏期合宿は合宿中だけではなく、終えた後

校舎に戻っても一分一秒を無駄にせず

受験勉強をできるような

メンタル、忍耐力を付けることができるものです。

 

もちろん、夏期合宿に参加しなければ

受験を乗り越えられない!

というわけではありません。

 

ただ、今からでもいいので自分は今後どうなりたいか、

そしてその為には何が必要か。

ということを考えていてほしいです。

 

草加校担任助手 樋口莉花