切り替えて私大、二次対策を | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

ブログ

2015年 1月 22日 切り替えて私大、二次対策を

こんにちは!鈴木です。

センター試験(同日体験受験)おつかれさまでした!

受験生はそろそろセンター試験の判定がでていると思います。

結果が良くても悪くても、すぐに切り替えて二次、私大の過去問を解くことに集中してください。

第一志望の過去問は、誰よりも解いて、その学校のプロになりましょう。

 

さて、センター試験で緊張して人が多くいると思いますが、

私もセンター試験はかなり緊張したため、いつもより2割ほど点数が落ち込んでしまいました

 

ただ!次は本当の本番です。

私は実は、私大試験ではかなり準備をしたため落ち着いて受験することができました。

 

今日は「これをすれば緊張しなかった!」という行動を紹介したいと思います。

 

当日の時間割通りに解く

私は、過去問を解く際に緊張感をもってやることを心がけていました。

より本番と近い状況で受けるには…と考えたときに、

当日の時間割通りに解いてみればいいんだ!と思いつきました。

例えば私の志望校であった、日本女子大学は去年

英語 10時~11時半

国語 12時50分~14時20分

 

だったので、センターが終わってからは毎日とりあえずこの時間に過去問をとき、

そのあと復習するようにしました。

 

当日はその時間で解くことが体に染みついているので、あわてることなく解くことができました。

教科数が多い人ほどこれをやるのは難しいかもしれませんが

一度だけでもやってみるといいと思います!

 

当日のことをとにかくシミュレーションする

杉浦先生も言っていましたが、

当日の自分の状況をとにかく考えました。

頭が真っ白になったらどうすればいいかな? 電車がとまったらどう行けばいいかな?

休み時間はどう過ごそうかな、何分前についたら一番安心できるだろう…?

 

考えていくことに損はないのでたくさん対策練っておきましょう!

 

あとは高速マスターを最後まで続いたり、過去問を30年分くらい解いたり、

傾向が似ている大学を解いたりして私大受験までの時間を過ごしました。

 

この約1か月は本当に一秒一秒を大切にして過ごしましょう

草加校ではまだおしゃべりが長い人、緊張感がない人見受けられます。

 

もっともっと。合格にこだわればそんなおしゃべりの時間ももったいないと思うはず。

 

本当の勝負は、もうすぐです

 

鈴木

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しでも早いスタートを切ろう!