受験生応援&累計合格大学 | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2016年 2月 19日 受験生応援&累計合格大学

お申し込みは

 

0120-104-690

 

「高校生の勉強法セミナー参加希望」

 

とお伝えください

 

 

 

こんにちは!

草加校担任助手1年の林です。

受験も 後半戦になってきて

国立前期試験まで残り

5日となってきました。

この時期になると

皆さん

過去問は10年は解いて

後は本番で

自分の力を最大限

発揮するために

実践演習や予想問題集を

やっているかと思います

後はプレッシャーに勝たなければ、

しかし

プレッシャーは良いパフォーマンスを

 

行うのは必須なんです!

皆さんは

「ヤーキンズ・ドットソンの法則」

を知ってますか?

下の図を見てください。

http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0906/04/news002.htmlから引用)

このような関係を皆さんも見たことがあるでしょう。

ある程度緊張した方がパフォーマンスは普段のよりも

良くなるんです。

ゆえに

入試本番に過去自己最高点を取ったり、

模試でボーダーに届かなかった人が入試

を突破出来たりします。

しかし

この適度な緊張感にはどうやったら

保てるのだろうか?

1つは、

入試本番では、

自信のある問題から

解くとプレッシャーが

かかりにくいです。

あと

自分が

不安に

なるかもしれない

ことは

前もって把握

出来ることを

書き出して

頭に入れておけば

焦らなくて済むと

思います。

本番で緊張を感じたら

 

これは合格に必要な要素だと

 

思うことで、プレッシャーに対する敵対心を

 

消してみてはどうだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんも先輩たちに続け!

新年度特別招待講習受付中!