夏休み勉強法☆化学編 | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2014年 8月 7日 夏休み勉強法☆化学編

こんにちは、玉田です。

4日間続いている夏休み勉強法☆シリーズ、ラストは化学で締めくくりたいと思います。

 

化学は玉田一番の得意科目です。東進模試を含め、複数模試で全国1位を取りました 😎

はい、自慢です(笑)

冗談はさておき、化学でやることは非常にシンプルで他の教科にも通ずることです。

なので化学を使わないよ!という方も目を通して下さい!

そんな勉強法は、

 

演習をする。

→間違えた問題に印(正の字)をつける。

→時間を空けて解き直す。

を、繰り返すだけです。

 

演習をして最も意味のないことは、間違った問題を放置することです。

解いたことのある問題が解けないのに初見の問題が解けるはずがありませんからね。

これは色々な勉強、科目にも共通しますよね。

例えば模試の復習。

せっかく緊張感を持って解いた問題を放っておくのはもったいない!

模試では自分に欠けている分野が明らかになるので、解きなおすだけでなく参考書を用いてその単元をしっかり復習することが必要です。あとは先も言った通り、時間を空けて解きなおしましょう。

空ける時間は個人差もありますが、1日空ければ十分だと思います。

人間の記憶は1日でほとんど失われると言いますからね。なので何回も何回も解きなおすことが大事です!

 

問題演習には学校で配布された問題集とセンターや大学過去問を主に使用していました。

必要最低限の問題を1問も残さず、100%理解するよう努めるためにあえて自分では問題集を買いませんでしたね。

 

参考書には東進のハイレベル化学がすごくお勧めです。

鎌田先生の反応機構に重点を置いた講義によって培われた力は大学に入ってからも非常に有用です。

 

東進タイムズもお勧めですね。高校生が今やるべきことを学年別で先生が話して下さっています。

東進TIMESのバックナンバーは こちら です。是非、参考にして下さいね!

   

 

 

 

 

 

 

 

それでは、がんばれ高校生!

夏を制するものは験を制する!

 

 

 

 

 

 

夏期特別招待講習お申込みはコチラ!

 

 

夏期特別招待講習申込フォーム