夏休み勉強法☆英語編 | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2014年 8月 5日 夏休み勉強法☆英語編

 
昨日から始まっている、”夏休み勉強法☆”シリーズ!!!^o^

 

本日は英語、そして言語ガチ勢の土肥が担当します!

☆が少々イラッとしますが、お付き合いください。

 

突然ですが。

みなさんは英語は好きですか、嫌いですか?

 

実は、好きでも嫌いでも、

これからの人生、関わらざるを得なくなるのが英語。

文系受験でも理系受験でも英語は使いますし、

就職活動に必要な”TOEIC”という資格を受ける時も、

受験英語の基礎が入ってないと厳しいです。

 

さ~ら~に!

 

大学でみなさんは第二外国語(中国語、フランス語、ドイツ語 等)

というものを修得します!(理系でもやるよ!)

英語をしっかりやっておくと、ヨーロッパの言語修得が本当に楽になるんですね!

 

私も今、苦戦しながら”星の王子様”を原文のフランス語で読むことをしています。

日本語と全然違った言い回しの文がたくさんあり、

より作者の意図が感じられ、よりこの文学がすきになりました。

 

理系の方でも、文献が日本にないという理由で、

英語やフランス語で論文等を読んだりする学生も多くいます、

つまり、英語や他の外国語ができれば、

新しい考えやものの見方を得ることができるんですね

 

まず、英語ができる自分をイメージしてみてください。

そして、そのために夏休みになにをしなくてはいけないか考えてみてください!

夏休みと普段で違うところはどこでしょう?

 

そう、普段よりも時間がとれるところなんですね

普段学校に行きながらだと難しいアレコレを、一日でしっかりできる。

では具体的に、なにをやればいいのか?

 

“センター本番/(高12はセンター同日)で何点とるか。”

に標準を合わせましょう。

 

STEP1 基礎です。

単語・熟語・文法を覚えて、速読ができるようにしましょう。

単語は、

・語幹などで覚える

(例えば、 interact は inter お互いに act 作用する で、

相互作用を及ぼす という意味になりますよね。)

 

・イメージで覚える (最悪、ゴロという方法もあります。)等

さまざまにありますが、まずはインプット

(ちなみに、短期でやりきるのがおすすめです。

人生、後回しにしていいことはあまりない!)して、

単語テスト等でアウトプットしていきましょう。

 

(草加校の受付には常に単語テストがあります!)

その上で、早く読むためのステップを踏んでいきましょう!

※例題は2014年のセンター試験大門6を使用しています。

 

STEP 2 は、圧倒的に多読。

ここで、ダンス、イズ、ワン、オブ、ザ、オールデスト・・・

と、一語一語読んでしまっては、

読むのが非常に遅くなり、最後の問題まで解けず、

得点大幅ダウンになってしまいます…

このように、読みながら、自分で単語の塊ごとに理解していくクセをつけましょう!

ダンズイズワンオブジオールデストフオームスオブアート、

ダンスは古くから在る芸術の形の一つだ

カタマリごとに英語を読み、同時に日本語訳する!

 

これができれば絶対早くなる!

3つ目、音読。
さっきくぎった単語の塊を意識して、読んでみてください。

慣れてきたら、マークなしでやって見てください。

そしたら、本番でも、必ず読むのが早くなるはずです!

 

自分も、高2の夏は
朝4時に起きて6時から14時までアルバイト、
15時から20時まで勉強して、そのあとまた直ぐ寝る!

 

という生活を繰り返したことが、受験直前まで自分の自信になりました。

“みんながだらけている時に、勉強する。”

これにより、優越感のようなものが得られて、頑張ることができますよ!

言い訳せず、まず手を動かそう!

ということで、明日もみなさん7時にお待ちしています!!!(^v^)

 

\!!!!まだ間に合う!締め切りまであと4日!!!(◎o◎)/

夏期特別招待講習お申込みはコチラ!

夏期特別招待講習申込フォーム

 

草加校 担任助手 土肥 眞麻