推薦受験を考えている方へ。この時期の要注意事項! | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

ブログ

2014年 9月 3日 推薦受験を考えている方へ。この時期の要注意事項!

 

 

 

皆さんこんにちは。草加校担任助手の石井です。

 

 

最近は暑かったり、寒くなったりと気温の変化が激しいですね

 

私は昨日、朝寒かったため長袖を着て昼過ぎに校舎に向かったら、行きの電車に乗るまでで汗をかいてしまいました。

 

 

風邪ひきそうです...

 

 

学校行事で体育祭がこれからあるぞ!という方、

 

 

夏休みに受験勉強で運動不足になっている方は気をつけてくださいね!

 

 

私は去年の秋の体育祭当日がとても暑くて、いきなり走ったら熱中症になりかけました。

 

三年生にとって高校の行事は最後となるので、もちろん楽しんでいいと思うのですが、

 

無理しないように!

 

 

体調管理は気を付けてくださいね!

 

 

最近だと「デング熱」のニュースをよく耳にしますよね。

 

蚊に刺されて移ってしまうみたいですね。怖いです。

 

元気な状態でないと勉強もはかどりませんから

 

受験生は特に気を付けましょう。

 

 

さて、本日は推薦受験を考えている方に私の経験を踏まえてのお話をしたいと思います。

 

 

私は指定校推薦の制度を利用し、大学受験をして青山学院大学に合格しました。

 

 

私の高校では指定校推薦の受験資格を満たしている生徒には

この9月の時期に先生から推薦についての話をされました。

 

 

その後に受験資格を得るための実力テストがありました。

 

 

皆さんの学校ではどうですか?

 

指定校推薦でなく、AO入試、公募推薦を利用するという方は

 

実力試験はないかもしれませんね。

 

ここで共通して大切なことは、推薦入試のデメリットをしっかり把握しておくことです。

 

人間はどうしても楽な方向に逃げてしまいます。

 

私自身、指定校の話がきたときにはどうしても一般受験の勉強から気がそれてしまいがちでした。

 

気持ちをコントロールすることは難しいですが、

 

チャンスが増えただけで、「自分が今やるべきことは今まで通り勉強することだ」

と自分に言い聞かせて勉強していました。

 

 

推薦入試は基本的に受験が終わるタイミングが早いです。

 

おそらく、11月中には試験が終わってしまうのではないでしょうか。

 

 

まず、私が最も恐れることは推薦入試で失敗してしまった場合です。

 

失敗について語るのは心苦しいですが、私は皆さんの受験に大きくかかわることなので重要視しています。

 

 

推薦入試は一般入試と試験内容が異なるため、特別な対策をするかと思います。

 

 

一度対策に時間をかけたもので失敗してしまった場合のダメージは大きいです。

 

 

つまり、最悪を想定したうえで受験をする心構えが必要になります。

 

 

もちろん失敗するつもりで受験する方はいないでしょう。

 

ですが、公募、AOを利用する方は対策をしっかり練る必要がある上に、倍率がとても高い大学もあります。

 

 

合格するには覚悟をもって本気で取り組まなければ合格を勝ち取ることは難しくなります。

 

 

真剣に考えたうえで試験に臨んでほしいと思います!

 

 

 

また、合格できた場合であっても残りの期間でどのように高校生活を過ごすかによって

 

今後の皆さんの大学生活を左右します。

 

 

 

大学の勉強は高校の知識が当たり前のように使えなければ全くついていけなくなるものもあります。

 

 

周りの学生は、最後の最後まで一般受験を戦い抜いて合格を勝ち取った自信のある方。

 

 

もしくはより上位の大学を目指して勉強して、悔しい思いをした心の強い方。

 

 

そんな学生ばかりです。

 

 

皆さんが合格後に勉強をやめてしまったら...

 

 

大学入ってからまず、勝てません!

 

 

より努力しなくてはなりませんよね。

 

 

 

私は指定校推薦の入試が11月末に終わり、12月には合格が決まっていました。

 

ですが、合格後も東進に通い続け自分が大学に行ってから専門となる物理と数学の勉強を欠かさずにしました。

 

 

センター試験も受験して当日の緊張感がどれほどのものかも知っています。

 

今大学で勉強していて、それでも足りなかったと後悔しているものもあります。

 

 

 

皆さんにはぜひ将来を見据えたうえで勉強を続けてほしいと思っています。

 

 

 

それに、推薦受験の時期の早さにはメリットももちろんあります!

 

 

それは残りの期間での勉強に不安や、焦りという気持ちがないことです。

 

これは、すでに合格しているという状況を「落ち着き」としてとらえることが大切です。

 

 

プレッシャーがある方が頑張れる方も多いでしょう。

普通は、もう少しで本番だ!といった意識から人間頑張れるものです。

 

 

しかし、どうしても人間は緊張するとうまく自分の力を発揮することは難しい。

 

 

その分、推薦で合格が決まった方は自分がすべき勉強に落ち着いて打ち込めるはずです。

 

 

私は物理の問題がどんなに難しくても楽しんで解くことができたと思います。

 

 

私の場合は大学からの課題もあったため意識的に勉強しやすい状況ではありましたが、

 

 

自ら楽しんで勉強できる良い機会だったと思っています。

 

 

つまり、推薦制度は皆さんの行動によって

 

メリットにできるし、逆にデメリットにもなってしまいます。

 

 

 

皆さんが高校生活は努力し続けた!と言えるように。

 

大学生活をよりよくできるように残りの時間を大切にしてほしいと思っています!

 

 

 

推薦のことが相談したい、困っていることがある。という方は私に話してみてください!

皆さんが最大限にがんばれるように何でも相談に乗ります!!

 

 

 

また高3生の皆さん、9月は記述型模試があります!

 

申し込みはお早めに!!

 

 

 

石井優矢