”理学部ってなにするの?” | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

ブログ

2020年 9月 23日 ”理学部ってなにするの?”

 

皆さん、こんにちは!

担任助手1年の長谷川択芽です!

 

最近真夏の暑さも消え、

だんだんと涼しい日

増えてきましたね。

 

気温差が激しい分、

体調管理に気をつけて

過ごしましょう!!

 

 

 

今回は私が所属する

”理学部”について

紹介していこうと思います。

 

私は

割と文系学部で有名な

学習院大学の

理学部 生命科学科

に所属してます。

 

 

 

ところで、

皆さんは理系学部と言ったら

何学部を想像しますか?

 

 

 

 

理系学部は

文系学部と比べたら少ないかもしれませんが、

医学部、薬学部、建築学部、

工学部、農学部、そして理学部

などが存在します。

 

このような学部がある中で、

理学部って大学で何を学ぶの?

といった疑問が生まれると思います。

 

ここからは

私がわかる限りですが、

その疑問に答えていきます!

 

まず、理学部には

物理学科、化学科、生物学科、

地学科、数学科

といった学科があります。

※大学によって異なりますが…

 

学科の名前にもあるように、

高校で学んだ

数学、化学、物理、生物などの

理数科目を

より専門的に学んでいき、

また扱う分野も

高校までの「理科」と比べると

幅広くなります。

 

それらを学んだうえで

地球上で起きるさまざまな自然現象

解決していきます。

 

 

こんなこと言われても

よくわからない!と思いますが、

まとめると

理学部は

社会や地球上で起こっている

諸問題への解決策を

見つけ出すために研究する

学部です。

 

先ほど言ったように

専門的なことを学ばないと

わからないことが沢山あります。

 

私も1年生で

まだわからないことだらけです(笑)

 

しかし、

私は高校時代

生物の授業で

”なんでこの仕組みになっているんだろう?”

といった疑問を多く持っていましたが、

少しずつ理解できるようになり、

楽しい授業が多いです!!

 

そのため、

ものごとをじっくりと考え、

理解を深めていくこと

好きな人にはおすすめの学部です。

 

学部を決めるときに

理学部も考えてみては

いかかでしょうか!