センター試験体験談【志村編】 | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2018年 6月 29日 センター試験体験談【志村編】


こんにちは!
担任助手2年の志村侑亮です。

最近暑い日が続いていますね…

本日のテーマは
センター体験談」ということで
さっそく体験談をしていきたいと
思います!

まず会場は獨協大学でした。

①家から近い
きれい
③模試の会場だったことがある

以上の3点から
環境としてはとても
恵まれていたと思います。

ここで1つアドバイスなんですが
③においては
会場が知らない場所の場合は
予め行っておくことを
お勧めします。

なぜなら
 1度行ったことがあるだけで
精神的な負担が
だいぶ変わるからです。

次に、試験本番の雰囲気
これは、周囲に
同じ高校の人がたくさんいたので
個人的には
模試みたいなノリでした。

もともとメンタルが強めなので
特別な緊張感はなかったです。

また、センター試験は
休み時間がすごく長いんですが

友人との談笑と
試験直前のチェック
(英語なら単語を振り返る)
をバランスよく行えたので

適度にリラックスして
試験に臨めていたと思います。

ここでも1つアドバイスなんですが
休み時間の使い方についても
予め考えておくといいと思います。

ほんとうに長いので
有意義に使うべきです!

さて、肝心の結果は
一体どうだったのでしょう。

自慢話みたいで
気がひけるんですが

今まで受けたどの模試より
高い点数を取りました!
(第1志望はB判定でした。)

では、なぜ高得点が取れたのか。

その理由を
自分なりに分析したので

このブログを読んでいる方だけに
特別に
それをお伝えしていきます。

まず、受験直後の手応えとして
できた」と思った科目は
全て高得点でした。

逆に、「できなかった」科目は
軒並み「爆死」と呼んで
差し支えない点数だったんですが

重要なのは
できた」科目はすべて

十分な演習量を確保

その上で
模試の段階で高得点だった

もしくは
②模試での点数が終始微妙だが
直前期で必要な知識を詰めた

ものであった点です。

ここから言えるのは

普段できない科目は
もちろん本番でもできない
つまり
奇跡」は起きない
ということなんですね。

できた科目に関しても
あくまで「実力」が発揮できた
というだけです。

結論として、
センターで高得点を取るには
どうしたらいいのか。

本番でその点数を取り得るだけの
実力」を
日々の学習で養うことだと
私は考えます。

「本番で実力を出し切れるか」
「どうやったら実力を出せるか」
といったことは
正直私もよく分かりません。

しかし
ないものは発揮できない
ということは確かなので

発揮できる実力を身につけるために
日々の学習に取り組みましょう!

 

 

 

 

最後に校舎からのお知らせです!

7月14日の土曜日に

東進ハイスクール草加校で

公開授業

があります!

 

今回の講師は英語担当の

慎一之先生!!

関西弁で喋る実力派講師です!

しかもイケメン(笑)

 

英語が苦手な方はもちろん

そうでない方も

是非お申し込みください!

 

校舎にてお待ちしております!!!

 

慎先生の公開授業まであと16日!

 

不明点や気になる点がある方は

 048-921-3211まで

ご連絡ください!!