受験期の夏について | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2018年 8月 15日 受験期の夏について

こんにちは!担任助手の町田です。

今回は夏休みの私がどう勉強していたか

について書いてこうと思います。

まず、夏休みに入る前、自分が思ったよりも

時間がない

ということに気づいた私は

なるべく時間を有効に使えるようにと、

綿密に

計画を立て

あとはそれを

ひたすら無心でこなし続けました。

それでも

急用が入ったり部活が長引いたりと

計画通り行えない日もありましたが

綿密に計画を立てていたので

何がどのくらい遅れているのかを

把握することが出来、

夏休み中に自分がやりたいことは

行うことが出来ました!

ここで一番重要だと思うのは、計画の立て方です。

その日に、その日のやることを

考えて計画を立てるのは

自分の体調だったり、

急用などに対応できるという

良い面もありますが、

長期的な視点で見たときに

何をいつまでに終わらせるという

目標が立っていないため

後々、自分の終わらせたい勉強量と

使える時間が

釣り合わないことに

気づき困ることになります

なので、そんなことにならないためにも

マクロミクロ計画を

立てることが重要です!

自分の終わらせたい参考書、

受講などの量を調べ、

自分の使える時間量を計算してから

一日どれくらい終わらせればいいかを計算する。

少し面倒ですがこれをすることで

計画がずれてもすぐに修正することが可能ですし、

終わらせた後の達成感

とても大きいです。

今からでも遅くはありません!!

是非、計画を練って

内容の濃い夏休みを過ごしてください!