大学入学共通テスト:記述式答案作成のポイント | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

2018年 11月 6日 大学入学共通テスト:記述式答案作成のポイント

 

こんにちは!

担任助手2年の高橋喜行です。

 

今日は昨日に引き続き、

大学入学共通テストについて

お話ししていくのですが、

今回は

僕の得意科目である数学に関して

「どのようにすれば

よい解答をつくれるのか?」

ということを話していきます。

 

共通テストには

記述式の問題があります。

数学を使う、特に理系の皆さんは

「記述式の問題はニガテ・・・」と

思っている人も

いるのではないでしょうか。

記述式の答案を書く上で

一番重要なことは、

「相手に伝わるように記述する」

ことです!!

①解答する上でどこが重要なのか

②書いた文章は採点者に伝わるか

を気にかけるだけで

解答の質は大きく変わってきます。

解答を書き終わったら、

まず一回「まっさらな気持ちで」

解答を読み直してみてください。

式と式のつながり、

式だけでは分かりにくいところ

といったところを

日本語の文章や

図・グラフで補ってあげると

採点者に良く伝わる解答になります。

また、自分で導き出した答えに

しっかりと根拠があるか、

というところも

必ず確認しましょう!