当時を振り返って・・・【受験の天王山】 | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2018年 8月 13日 当時を振り返って・・・【受験の天王山】

こんにちは!!!

担任助手の林真帆です!

今日は、2年前の受験生時代を振り返って

「受験期の夏の過ごし方」についてお話します。

私が受験の天王山を乗り越えられた

ポイントとして挙げられるのが、

①「朝型」

②「センター過去問演習講座のフル活用」

③時間制限・時間管理

この3点です!

夏休み学習を充実したものにするためには

 

まず「早起き」が不可欠です!

また、入試本番は9時から始まるので早起きは

頭を午前中から動かすトレーニングにもなります。

ちなみに私は当時

朝登校したら、センター試験本番と同時間に合わせて

センター過去問を解いていました。

そうすることで、

「昼食後の国語って眠くなる!やばい!」

という体感から

「英語の時間配分間違えた!時間を余らせたい」

という時間配分・解く順番等の分析ができます!

そして、センター過去問演習講座で間違えた問題を

大問別ごとにノート作成しました。

そして、科目ごとに勉強の開始時刻と終了時刻を決めたり

実際に勉強にかかった時間を計測していました。

計測してみると、、、

開館から閉館までいるのにもかかわらず

意外と集中できている時間が少ない

ことに気付きました!

時間計測をしていく中で、

危機感を持つことができるのでお勧めです!

夏休みは

学力を伸ばすチャンス!!!

 

 

残りの夏休み約2週間を

フル活用していきましょう!!!