現代文って何すれば… | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2018年 9月 5日 現代文って何すれば…

こんにちは!担任助手の阿部です!

さて、夏休みも終わり受験生は

いよいよという時期に入ってきましたね。

基本的に受験本番まで何日あるかではなく

あと何週間で計算すると

残り時間のなさをより感じられますよ

あと100日以上あると

心のどこかで感じてしまって

いる人はぜひぜひ

 

さて、今回は現代文の勉強法について

触れていきたいと思います!

この現代文は1番何をやっていいかわかりにくい

教科であり、苦手な人も多いと思います。

今回はそんな人へ向けたお話をしていきたいと思います。

 

まず、現代文

何をやっていいかわからない

苦手

という人に多いのが

シンプルに現代文の勉強時間が

少ないということです。

たしかにやることが

わからない上に苦手な現代文…

勉強時間が少なくなってしまうのは

必然であるとも言えます。

そこでまずは、現代文に

触れる時間を増やして

あの小難しい文章の

雰囲気に慣れるという

作業をすることをお勧めします。

これは古文、漢文にも

共通することです。

まずは、現代文がどのようなものなのか

知ることが大事です。

 

次に、どのように現代文

勉強していけばいいかについて

に話を進めたいと思います。

現代文の勉強を始めるにあたって

大切なのが、文章を正確

読めるようになることです。

初めに問題の解き方テクニック

のようなことから学ぶ

人もいますが、

そもそも文章自体を読めなかったら

テクニックを知っていても問題を

解けるようにはなりません。

 

その文章を正確に読むとは

どういうことかというと

対比の構造や具体と抽象、接続詞や

意味段落などに

気を付けて読むことです!

どこかで聞いたことあるような

話ですよね(笑)

そうです、どれも学校や

東進の授業で

言われる基本的なことです。

しかし、この基本的なことを

自分が文章を読むときに

本当に意識できているかが

大切です!

苦手な人に多いのが

これらのことを意識せずに文章を

読んでしまう人です。

この基本的なことをおさえて

文章を読むことで文章の流れと

筆者の伝えたいことが

理解できるはずです!

現代文が苦手な人はぜひ

問題が解けているか

ではなく文章を正しく読めているかに

注目してみてください!!