直前期のメンタリティ | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2020年 12月 25日 直前期のメンタリティ

こんにちは!

東進ハイスクール担任助手の

角田幸志朗です!

 

だいぶ僕のブログ投稿の日数が空いてしまいました。

心待ちにしてた人も多いのではないでしょうか。

始めましての方もいらっしゃると思うので

自己紹介をさせていただくと

只今大学2年生で

立教大学に通っています!

まぁ今年はオンライン授業で

1年間学校に行ってないのですが…。

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが

本日のお話の内容は

「受験本番のメンタリティ」

についてです。

 

自慢ではないですが

僕はセンター試験本番で

全ての科目において自己ベストをたたき出し

10月の模試から3教科で150点伸ばしました。

 

なぜそのようなことが僕にはできたのか。

 

その答えは

「自分を信じる」ことです。

最後の最後で頼れるのは

やはり自分だけです。

だったら

自分だけは自分を信じぬかなければいけません。

 

これは過信とは違います。

 

自分を信じれるくらいの努力を

積み重ねなくてはいけません。

 

気持ちが折れるほどの挫折と

そこから這い上がろうとする意志だけが

自信の糧になります。

 

皆さんは今苦しいかもしれません。

先の見えない不安で押しつぶされそうになっているかもしれません。

 

しかしながら

この世は残酷なことに

寝て起きたら学力が伸びるなんていう

魔法の薬はこの世に存在しません。

そして1日にできることも限りがあります。

 

ならば皆さんができることは

自分ができる1日の最大限の量をやり切って

それを積み重ねるしかありません。

 

その1日の積み重ねが合格へ続く1つの道だと

私は信じています。