校舎の様子 | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール草加校 校舎長 倉谷悦世

東進ハイスクール草加校では「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を草加の地から輩出する」ことをミッションとして日々生徒の皆さんの指導に臨んでいます。大学受験をする、ということは人生の中で最も努力が出来る環境を得ようとしているということです。人間は誰にでも「努力する才能」を開花させることが出来ます。大学受験を通じて努力する才能を開花し、世の中にあふれる諸問題をいかに解決できるかに真正面から向き合える力を身につけたら。皆さんの将来はどうなっていくでしょうか。激変する社会、世界で大活躍するになれると思いませんか?自分の未来を切り開く場所がここにあります!関わる全員が成長する場、東進ハイスクール草加校への御来校、心よりお待ちしております!

東進ハイスクール草加校は、草加駅西口アコス南館6階にあります。草加校は生徒が毎日登校したくなる校風が出来ています。それは、第一に生徒とスタッフ間でのコミュニケーションが取れているからです。登下校時の挨拶はもちろん、勉強のことだけではなく、日常生活についても話し合ったりします。第二に生徒同士がお互いを意識し、ライバルとして気持ちが高まっているからです。特に週間&月間ランキング、単語&熟語テスト、暗記会・塾内合宿などのイベントではみんなで盛り上がっています。ぜひ一緒に草加校で熱くなりましょう!

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

伊東 桃 さん 上智大学 総合グローバル学部
中村高等学校 卒 サッカー部 東進ハイスクール草加校 OG
伊東 桃 さん 上智大学 総合グローバル学部
担任助手として一言
“受験勉強は、必ずしもスムーズに行くとは限りません。時には投げ出したくなるときもあるかもしれません。しかしその時こそ、勝敗の分かれ道です。
受験勉強をやりきったときの達成感は一生のうちで今しか味わうことはできません。この達成感は自分自身にとって一生の財産になることも間違いありません。 ぜひ、私たちと一緒に大学受験を乗り越えていきましょう!”
川辺 瑠美 さん 明治大学 経営学部
順天高等学校 卒 ダンス部 東進ハイスクール草加校 OG
川辺 瑠美 さん 明治大学 経営学部
担任助手として一言
大学受験は、自分の弱さや甘えにどれだけ打ち勝てるかが勝負でもあり、自分自身と向き合う良いキッカケとなります。
そしてとても充実している瞬間です。
受験ができる環境にいられることはとても恵まれているので、感謝を忘れずに、最後まで諦めず乗り越えましょう! そんな皆さんを支えていきます。
一緒に成長していきましょう!
大賀 輝昌 くん 横浜国立大学 理工学部
足立学園高等学校 卒 東進ハイスクール草加校 OB
大賀 輝昌 くん 横浜国立大学 理工学部
担任助手として一言
受験勉強を通して学んだ経験を生かして生徒の皆さんの手助けができるようにがんばりたいとおもいます。
受験は最後まであきらめないことが大切です。実際、自分自身も後期試験で合格を頂いて現在の大学に通っています。試験を受けるチャンスは何回かあると思うのでどんな機会でも最大限に活用して頑張りましょう!
何かあったら気軽に相談してください!

→もっと見る

小橋 奈央 さん 明治大学 農学部
順天高等学校 卒 バスケ部 東進ハイスクール草加校 OG
小橋 奈央 さん 明治大学 農学部
担任助手として一言
受験勉強を始めるにあたって色々不安なことは多いと思います。
私自身、受験期は大学に合格できるのかなと不安になることがよくありました。ですが、そんな時に仲間や草加校の方の存在があり、受験を乗り越えることができました。また、乗り越えた先に得られたことは沢山ありました。
目標に向けて頑張るということは必ず自分自身の力になります。
これから私達と一緒に頑張って行きましょう!
町田 有美佳 さん 順天堂大学 医学部
渋谷教育学園幕張高等学校 卒 野球部マネージャー、水泳部、軽音楽部 東進ハイスクール草加校 OG
町田 有美佳 さん 順天堂大学 医学部
担任助手として一言
「大学入試はゴールではなく、むしろ夢をかなえるスタート地点である。」今まで皆さんも聞いてきたでしょうし、これからもたくさん聞くと思います。私はこの言葉が一番大学受験を表しており、この考えのもとに皆さんが夢をかなえるサポートをしていきたいと思います。是非東進で一緒に第一志望校に合格できるように頑張りましょう!
濱本 圭吾 くん 日本大学 理工学部
昌平高等学校 卒 サッカー部 東進ハイスクール草加校 OB
濱本 圭吾 くん 日本大学 理工学部
担任助手として一言
大学受験はこれまで受けた受験の中で1番大変であり、これからの人生を決める重要な試験だと思います。東進では一足先に受験が終わった先輩たちが生徒一人一人の担当になることで、より近い距離でのコンタクトが取れるようになっています。このように東進では大学受験を控えてる生徒を一生懸命サポートしています!皆さんも是非草加校で一緒に頑張りましょう!お待ちしております!
寺島 大翔 くん 中央大学 商学部
浦和実業学園高等学校 卒 将棋部 東進ハイスクール草加校 OB
寺島 大翔 くん 中央大学 商学部
担任助手として一言
ここ草加校で伸ばせるのは学力だけではありません。将来の夢に対するモチベーション、対人コミニケーションなど様々な社会に必要なスキルを学ぶことができます!草加校に来て学力を伸ばすことのみにとどまるなんてもったいないことをしないでください!第一志望合格は通過点、その先を見据えられる能力を草加校で獲得しましょう!!
林 真帆 さん 立教大学 文学部
大宮開成高校 卒 東進ハイスクール草加校 OG
林 真帆 さん 立教大学 文学部
担任助手として一言
受験勉強は私にとって怠けてしまったり、継続性がないという性格をいかに克服していくかというものでした。私と似た性格の方もいるのではないでしょうか?まずは周りの環境を整えることが大切です!
東進では様々な方向から生徒を志望校合格へと支えていきます!また、友達やライバルの影響を大きく受けて自分としっかり向き合えます!全力でサポートします!草加校でお待ちしております。
松尾 澪 さん 東京理科大学 理工学部
お茶の水女子女子附属高校 卒 ミュージカル部 東進ハイスクール草加校 OG
松尾 澪 さん 東京理科大学 理工学部
担任助手として一言
皆さんはなぜ志望校合格を目指し、大学受験をしますか?私は志望校に入学するだけでなく、志望校に進学した後にしたいことを目標として設定して努力することが大切だと考えます。
私の経験談ではありますが、この目標が入試直前の辛い時を乗り越えるきっかけとなることも少なからずあります。
是非将来の目標について語り合い、実現できるように一緒に努力を重ねましょう!
阿部 雄大 くん 明治大学 文学部
越谷南高校 卒 ギター部 東進ハイスクール草加校 OB
阿部 雄大 くん 明治大学 文学部
担任助手として一言
受験は自分を成長させる絶好の機会だと思います。一つの目標に向かって自分の力をフルに使い、日々ひたむきに努力に励むという経験は、僕の中ではとても貴重なものになりました。
そしてその積み重ねで得た大学合格の達成感は、言葉に表せないくらいのものでした。こうした受験の経験はこれからの自分の人生に大きな影響があると思います。
ぜひこの機会を自分の為にも大切にしてください。大学受験に立ち向かうみなさんを全力で応援します!!!
志村 侑亮 くん 埼玉大学 経済学部
春日部高校 卒 バスケ部 東進ハイスクール草加校 OB
志村 侑亮 くん 埼玉大学 経済学部
担任助手として一言
大学受験は高校受験とは全く別物になります。その為、勉強の仕方やペースなどが掴めずに困っている人も多いでしょう。
東進は、そんな受験生をサポートするシステムが整った予備校です。私も皆さんを全力で支えます。受験生の皆さん、私達と一緒に東進で頑張りましょう!
高橋 駿太 くん 東洋大学 理工学部
越ヶ谷高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール草加校 OB
高橋 駿太 くん 東洋大学 理工学部
担任助手として一言
受験は常に自分との戦いです。皆さんはこれから色々な誘惑に惑わされてしまうかもしれません。そんな時こそ自分で自分を戒めてその誘惑に打ち勝ってください!そして自分との戦いとは言いましたが、1人で戦っているわけではありません。躓いたり苦しくなった時はどんどん私達を頼ってください!一緒に受験を乗り越えましょう!
濱 帆波 さん 文教大学 人間科学部
文教学院大学女子高等学校 卒 吹奏楽部 東進ハイスクール草加校 OG
濱 帆波 さん 文教大学 人間科学部
担任助手として一言
私は、受験勉強で辛くなった時、東進で出会った仲間に支えられました。1日中勉強しかやることがない日を1人では乗り越えられなかったと思います。
皆さんも草加校に来て、時には支え合う、そんな素敵な仲間と共に第一志望合格を目指しましょう!
水書 淳一郎 くん 明治大学 農学部
越谷西高校 卒 剣道部 東進ハイスクール草加校 OB
水書 淳一郎 くん 明治大学 農学部
担任助手として一言
人間は生きている内に入試というものを大抵の人は経験すると思います。
1回、2回などと人によって回数は様々でしょう。でも人生は1度きり。1度きりの人生を決める入試があったとしたらあなたはどうしますか?中途半端にしたり、妥協したりしますか?むしろ、入試を超えるだけの力を養って全力でぶつかりませんか? 草加校ではそんな入試と戦うあなたをサポートします!長くて辛い入試かもしれませんが、一緒に乗り越えましょう!
高橋 喜行 くん 筑波大学 生命環境学群
早稲田高校 卒 吹奏楽部 東進ハイスクール草加校 OB
高橋 喜行 くん 筑波大学 生命環境学群
担任助手として一言
大学を選ぶにあたって、一切の妥協をするべきではありません。第一志望の大学に受かっている先輩達はみんな、合格の為にたくさんの努力をしてきた努力の天才たちです。言い換えれば、努力の天才となれば誰でも自分の目指す第一志望の大学に合格するチャンスがあるということです!
東進にはそんな努力をサポートする準備が整っています。僕たちと一緒に、第一志望の合格を勝ち取りましょう!
井口 龍太郎 くん 青山学院大学 法学部
越ヶ谷高校 卒 卓球部 東進ハイスクール草加校 OB
井口 龍太郎 くん 青山学院大学 法学部
担任助手として一言
大学受験を志すにあたって、「自分はどの学部に行くべきなのだろうか?」と悩む人も多いと思います。自分も将来なりたいものが決まっておらず不安でしたが、受験勉強を進めるうちに「法学を学んでみたい」と思うようになりました。このように、受験勉強を通して自分のやりたい事、なりたいものが見つかる事もあります。受験勉強は単に大学受験のためだけではなく、自分を見つめ直す良い機会にもなると思うので真摯に向き合ってほしいです。
吉本 達人 くん 明治大学 法学部
越谷北高等学校 卒 野球部 東進ハイスクール草加校 OB
吉本 達人 くん 明治大学 法学部
担任助手として一言
大学受験をする動機は人それぞれ違ってくると思います。ただ、「大学受験で学んだことや大学受験をしたという経験はこれからの人生必ず役に立つ」ということは全ての受験生に共通して言えることだと思います。大学受験で苦しい思いをしたという経験は、今後人生で辛いことがあってもそれを乗り越えるための糧となります。今は辛くても、その先には輝かしい未来が待っています。ぜひ東進で一緒に頑張りましょう!
高津 晨 くん 成蹊大学 文学部
春日部共栄高校 卒 吹奏楽部 東進ハイスクール草加校 OB
高津 晨 くん 成蹊大学 文学部
担任助手として一言
みなさんは「継続は力なり」という言葉を知っていますか?私はまさにそれが勉強に当てはまると思っています。私は部活を一生懸命やっていたので、長時間の勉強時間を確保できませんでした。そこで移動時間などの隙間時間を有効に使って少ない時間でしたが継続して学習をしていました。毎日継続していれば必ず目標に近づきます!諦めずに頑張りましょう!
中川 一希 くん 明治大学 農学部
足立学園高校 卒 空手部 東進ハイスクール草加校 OB
中川 一希 くん 明治大学 農学部
担任助手として一言
諦めない心、自分を信じ抜くこと、、様々なことを大学受験で学びました。ただ、第一志望に受けるということだけでなく、「人間力」を養うということも受験期間に教わりました。
草加校で学んでいく皆さんにはこの受験勉強を経て「かっこいい大人」になっていって欲しいと思っています。大学受験は通過点。私達と共に頑張りましょう!

校舎イベント紹介

特別公開授業

特別公開授業

東進は、t-POD授業を受ける予備校ですが、年に数回、t-PODの中の講師が来校し、皆さんの目の前で繰り広げられる授業が特別公開授業です。草加校では開校以来、英語科の渡辺勝彦先生、今井宏先生、安河内哲也先生等の有名講師を招き、真剣に受験に取り組むための特別なお話をいただくとともに、勉強の楽しさを伝授してもらっています。また、先生からのアツいメッセージも特別公開授業の目玉です。特別公開授業をきっかけに、数多くの高校生が受験勉強に対して本気になります。

※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。

ホームルーム

ホームルーム

草加校では毎月1回、担任助手によるホームルームを実施します。ホームルームでは、受験の情報や勉強方法はもちろん、世の中の情勢など少し広い話を伝える中で、参加後、自分にとっての『勉強とは何なのか』、『大学受験の意味』などを考えてもらっています。これまで、『担任助手のシアトル留学ホームルーム』や、『担任助手の夢ホームルーム』などを実施しました。ホームルームに参加して、大学受験を目指す意義や自分なりの目的を意識し、さらに熱を入れて勉強に取り組んでいきましょう!

中等部

中等部

草加校では『中高一貫校に通う中学生』の大学受験に向けて中等部も設置しています。週1回1年間で48回の授業を受けると、1.5年分進むというカリキュラムになっています。t-POD授業で、理解不足の所や間違えた問題に関しては担任助手の先生が解けるまで教えます。2年間しっかりと学習すれば、中学校の内容を修了するカリキュラムなので出遅れてしまった生徒も、追い付くことが出来ます。なんとなかには中学3年生でセンター試験レベル(大学受験)の問題に取り組んでいる生徒もいますよ。

※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。