ブログ | 東進ハイスクール 草加校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール草加校|埼玉県

ブログ 2020年11月の記事一覧

2020年 11月 30日 速読に役に立つのは、意外なもの?

こんにちは!

担任助手の長谷川です。

明日でいよいよ12月ですね。

2020年があと一カ月だと思うと悲しいような感じがしますが、

受験生の皆さんはあと一か月少々で受験本番です。

特に12月と1月は誘惑が多い月ですが、誘惑に負けないようにしてください。

後悔するのは、今後の自分ですよ。

さて、話は変わって

今回、ご紹介するテーマは

「背景知識」です。

英文を読んでいるとき、読めるけど何言っているのかが分からないことありませんか?

また、読むのに非常に時間がかかってしまうこととかはありませんか?

それは、背景知識が足りないからです。

例えば、英文のタイトルが

「the bill of rights」

だったとしましょう。日本語で権利章典という意味です。

権利章典がどういうものなのか知らないと結構苦戦すると思います。

権利章典がどういうものなのかを知っていると、

英文を読みながら、次の文章で何が書いてあるかを予測することができ、

結果的に長文を読むスピードが上がります。

自分が知らないことを、初めて知るとき

情報を整理しつつ、読むため非常に時間がかかります。

だからこそ、あらかじめ背景知識を取り入れておくことが大事です。

入試問題を解いてみたら、その分野をネットで詳しく調べてみるといいかもしれません。

 

2020年 11月 29日 過去問2週目っていつやるの??

 

こんにちは!

担任助手一年の梅賀です!

 

 

最近気温がさらに低くなってきたので

寒暖差には気をつけましょう。

 

 

さて

本日は過去問の話をしたいと思います。

 

共通テストまであと6週間となり

もうそろそろ共通テストの勉強に戻るべきだと

考えている人が多いと思います。

 

 

果たしてその考え方は正しいのでしょうか。

 

 

みなさんのほとんどが

第一志望校の過去問10年終えていない

 

もしくは

二週目に取り組んでいないと思います。

 

 

逆算して考えてみると

 

冬休みは

共通テスト対策

そして併願校対策

いっぱいいっぱいになります。

 

 

共通テストを明ければ

続々と私立大学の受験が始まります。

 

実質たくさん時間を使って第一志望の対策をする時間は

今しかありません。

 

 

10年終わっている人でも

二週目をやることで

得点を取ることを意識した演習を行いましょう!

 

2020年 11月 28日 定期テストは受験勉強の延長線上

こんにちは!

草加校担任助手1年の藤井勇人です!

早いもので、もう11月も終わりですね。

受験本番まで残り僅かと迫ってきましたが、後悔のないように頑張っていきましょう!

 

 

本日は、新高2,3生に向けて、定期テストと受験勉強の関係についてお話ししていこ

うと思います。

 

 

皆さん、定期テスト期間何をしていますか?

 

それは、定期テスト勉強ですよね(笑)

確かに、定期テスト期間にテスト勉強をすることはとても大切です。

しかし、だからといって受験勉強の手を止めていいわけではないのです。

というのも、定期テスト期間があるからといって入試本番は待ってくれないからです。

もし定期テストの勉強のみをする人は受験勉強をしっかりテスト期間にやっている人と大きな差が

ついてしまいます。

ですので、受験勉強をしっかりやることが大切になってきます。

 

 

けど、やはり定期テストも気になると思います。

 

そこで、今回は声を大にして、受験勉強も定期テストにつながると言います。

例えば、英語では定期テストでも長文を解かされると思います。

そこで、長文の受講などをしっかりこなせば、定期テストにも確実に生きてくるわけです。

他にも、数学だったら高速基礎マスターの計算演習がタメになってきます。

様々活かせることはあるのでテスト期間でも一生懸命やっていきましょう!

 

 

今回は、定期テストと受験勉強の関係についてお話しました。

 

このように一概に言えないのも事実してあります。

それは推薦を考えている人は、やはり定期テストを大切にしなければいけないからです。

そのような人はある程度本気でやらなければなりませんが、基本は受験勉強も定期テストに通じるの

で、しっかりやるべきだと思います。

 

定期テスト期間でもしっかり受験勉強の準備をしていきましょう!

 

 

 

2020年 11月 26日 【数学使う人必見】東進の隠れた名コンテンツ

 

担任助手2年の渡邉貴理です!!

今回は、東進の隠れた名コンテンツを紹介します!!

 

僕自身もそうだったんですが

どうしても東進って

「映像授業みるだけ」

っていうイメージがある人、多いと思います

(立場上あまり大きな声では言えませんが、正直ビデオ見るだけなんだから成績上がるわけないと思っていました)

 

 

東進生じゃない方々のために説明すると、

東進の学習は基本的に

受講+演習

二本柱で成り立っています

ここに我々担任・担任助手の個別的な指導が乗っかる感じですね

 

受講の部分はそのまんま映像を見て確認テスト・修了判定テストを受ける形です

演習の部分が色々あって、

・高速マスター基礎力養成講座

・過去問演習講座(共通テスト)

・過去問演習講座(二次私大)

・志望校別単元ジャンル演習

・第一志望校対策演習

と、大きく分けても5種類の演習講座が東進にあります

このうち、一番上の「高速マスター基礎力養成講座」以外は

高校3年生から使えるようになるものなので

今回は説明を省略します!

 

そして今日はこの「高速マスター」の中の

「数学計算演習」について説明します!

 

こちらは、文字通り数学の計算練習をするシステムなんですが

 

写真のように、科目別・単元別に細かく分かれています!

自分の苦手なところから練習するもよし、

逆に得意なところをどんどん解いて自信をつけるもよしです!

 

そしてこの数学計算演習

高校3年生になるまでに

自分が受験で使う範囲まで全て解き切っている生徒

第一志望校への合格率が格段に高いというデータがあります

 

現在高校1・2年生のみなさん!

ぜひぜひこの高速マスター数学計算演習

力をつけて向上得点もがっつり取っていってください!

 

東進生じゃないよっていうそこのあなた!!

今ならこの数学計算演習が体験できる

冬期特別招待講習

90分×5コマ×3セット

映像授業体験付きで無料申し込み受付中です!

しかし第一次締め切りが

12月11日(金)になるので

お早めにお申し込みください!!

皆さんと東進で会えることを楽しみにしています!

 

 

 

2020年 11月 25日 今日のコラムで基礎知識ゲット!!

皆さんこんにちは

担任助手の佐藤万祐です。

 

今年も残り1か月となりましたね(‘;’)

皆さんやり残した事はないですか!?

 

私は例年に比べて読書量が少ない

ことに気づき、昨日

「星の王子様」を読みました。

昔読んだ本を読み返してみると

また新たな発見が

あるかもしれませんよ。

 

さて、本日は東進コンテンツである

今日のコラム

についてお話しします。

なにそれ?

日経新聞のコラムを用いて

文の大意をつかむトレーニングが

できるコンテンツです。

国語の力だけではなく、

他の教科にも役立つ文の把握力が

身につきます!!!!!

理系の生徒にも

今日のコラムを推奨しています!

 

よく校舎で

「現代文の点数がなかなか上がりません」

という声を聞きます。

是非今日のコラムを習慣化して

文章にたくさん触れていきましょう!!

 

受験生は残り1か月です

体調管理を徹底して本番に臨みましょう

 

過去の記事