志望校対策の最重要時期は?いつなの? | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

ブログ

2018年 9月 11日 志望校対策の最重要時期は?いつなの?

 

 

はい!みなさんこんにちは!

担任助手4年の中川(なかがわ)です。

昨日が雨ということもあって

今日は比較的涼しいですね☺(うれしい)

 

はい!ということで、

本日は先日のブログの続編です。

先日のブログは見ていただきましたでしょうか?

(↓まだ見ていない方は下記画像をクリック!↓)

(読んだらちゃんとこのブログに戻ってきてね!w)

 

 

はい、読んでいただけたでしょうか! 

昨日のブログでは直近~9月中旬までの話が上がっていましたね!

基礎固めの秋にぜひしてほしいということです!

では、今回は、

9月中旬~12月中旬編をお届けします。

基礎固めがある程度できてきたら始めたいのが…

そう!過去問対策ですね!

過去問対策で必要なのは

①分析能力

②演習能力

③計画性

だと思います。(中川論)

 

 

①分析能力(②演習能力)

 (若かりし頃の中川)

分析っていったい何をすればいいのでしょうか?

第一に簡単なことがあります。

→過去問を解くこと!

まずは敵を知るってわけですね。

そこからがポイント

分析方法は十人十色だと思いますが、中川の場合は…

 

1、出題傾向や問題数を把握する

2、できた問題orできなかった問題を分野ごとに整理

3、できなかった問題に関しては今後の対策を考え実行する

4、改めて過去問演習

 

がルーティンでした。

いわゆるPDCAサイクルってわけですね!

 

③計画性

(受験勉強をする当時の中川)

東進生ならご存知の通り、過去問演習は第一志望は10年分は必須です。

本当に10年分解けきれますか???

「いや、本番までまだ時間あるっしょwwwワンチャンあるわwww」

→ないよ!!!!

ってわけなのです。

では、併願校の対策はどうしますか?

やみくもに10年分を解ききって終わりですか?

ってわけなんですよ。

上記にもあるようにPDCAサイクルを回して1点でも多くとれるような過去問演習計画を立てましょう!

また、8月のセンター試験本番レベル模試でも感じた方も多いと思いますが、

果たしてあなたは本番に強いタイプでしたか?

試験では実力×本番力が試されます。

今後実施される必要とされるすべての模試は必ず受験しましょう

本番のシュミレーションを養うのも計画性あってできることです。

 

いかがでしたでしょうか。

12月中旬までは演習や分析で一生懸命頭を使って

合格を勝ちとりに行く勉強をしましょう!