過去問演習の意義 | 東進ハイスクール 草加校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 7月 31日 過去問演習の意義

 

 

你好♡坂本真優です!

みなさん暑さになれてきた頃でしょうか、

アイスがおいしい季節ですね🍦

 

勉強の方はみなさん捗っていますでしょうか

今回は「過去問演習の意義」についてお話していきます!

 

 

ずばり過去問演習は、いちばんの目的として、問題傾向の「分析」をするためにあります。

分析には主に2種類あって、「問題傾向の分析」「自分の傾向の分析」です。

 

問題傾向に関して、志望校で出題されやすい分野だったり、出題の仕方だったり、たくさん知れることがあります

それを頭に入れたうえで勉強することが、効率的な勉強につながります。

自分の傾向に関しては、自分のできることできないことや、自分のミスの傾向などを知る機会と言えます。

単純に演習をすることで、自分の学力の凹凸を分析できます。

また、自分が間違えやすい問題ミスをしやすい環境も知ることができます。

これらは過去問演習でしか得られないもので、志望校合格に必須の要素となっていきます。

 

いよいよ明日から8月に入っていきますね。

夏休み、一番の敵は睡魔でも、隣のあの人でもなく、自分です

 

ぜひこの瞬間から、自分と向き合い全力で勉強していきましょう!