【愚公移山】12月こそ苦手に挑め! | 東進ハイスクール 草加校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 11月 28日 【愚公移山】12月こそ苦手に挑め!

皆さん。こんにちは、こんばんは。

担任助手4年の児玉です。

 

最近寒くなってきて冬の到来を肌(膝)で感じます。

高校生の時に膝を悪くしてしまい、寒い日は膝が軋むような感じがするんですよね・・

共感してくださる方いらっしゃいますかね・・?

 

大学生になってからあまり運動せずに過ごしていたもので

筋力・体力が減衰してしまったのでしょうか。

昔は楽々登っていた坂道がきつく感じる今日この頃。

児玉は簡単な運動から始めようと決意したのでした。

健康に生きるぞ!

 

閑話休題

 

筆者の決意表明はさておき、本日のテーマは

「12月の勉強方針」

についてです。

 

共通試験まで残り46日程度。

残り短い期間ですが、これだけあれば十分成績は伸ばせるはずです。

「直前期とは言うけど、何をすればいいんだろう?」

と悩んでいる方は参考にしていただければ幸いです!

 

さて、12月の勉強方針ですが、

 

「自分に足りないものと徹底的に向き合え」

この一言に尽きます。

(数日前のブログにも似た内容が書かれています。そちらもチェック!)

 

皆さんはこれまで

過去問を解く

苦手分野を分析する

苦手分野の対策をする

過去問を解く

 

といったサイクルで学習を進めてきたはず。

 

12月もこのサイクルを崩さずに学習を進め

苦手科目・分野を徹底的に対策すること

が合格のカギになります。

 

苦手を苦手のまま放置せず、解答解説を熟読する。

分からなければ自分で調べる。

それでもダメなら誰かに質問する。

忘れないようにメモに残して繰り返し復習する。

 

文字にすれば当たり前のことですが

この当たり前を徹底することこそが合格への近道です。

 

ただ、注意して欲しいのは

「苦手科目・分野だけをやればいい」

というわけではないこと。

 

人間、全く使っていないモノは抜け落ちてしまいます。

 

私で言えば筋力や体力。

受験生で言えば、これまで必死に覚えてきた英単語や公式、歴史の事象。

 

全く触れていない期間を作ると、せっかく詰め込んだ知識をまた入れ直す作業が必要になってしまいます。

 

なので、

苦手対策に力を入れつつもバランスは意識してくださいね。

 

 

特段目新しい情報はなかったかもしれませんが、

受験に裏技はないのです。

 

当たり前のことを当たり前に。

当たりまえを継続的に。

さらに、当たり前の精度を高く。

 

一歩一歩確実に苦手を克服していきましょう。

言い換えれば一番伸びる部分ですからね!

残り僅かな期間ですが、やれることを全力でやり切りましょう!

 

ただいま東進は無料体験募集中です!
👇👇👇無料体験のリンクはこちら👇👇👇

こちらをクリック!

 

草加、谷塚、新田、足立区周辺で

予備校選びに悩んでいる方は是非一度訪れてみてください!

ご不明点ありましたら下記の電話番号に気軽にお電話ください!!

東進ハイスクール草加校

0120‐104‐690