【短期間で結果を残す!?】受験直前の過去問の使い方 | 東進ハイスクール 草加校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2023年 1月 24日 【短期間で結果を残す!?】受験直前の過去問の使い方

 

こんにちは!

東進ハイスクール草加校

担任助手の江口です!

 

1月も終盤になってきましたね!

ついこの前に年越しをした記憶があって

もう1か月たつのかと驚いています。

中高学生の皆さんは学年最後の3学期突入ですね!

試験が1回しかない分

私は他の学期以上に早く感じていましたが

それは今でも変わらないのでしょうか?

最近は2期制の高校も増えてきたので一概には言えませんね。

 

さて今回はそんな1月末に関係する話ですが

受験生は大詰めの時期を迎えています。

大学入学共通テストが1月の2~3週目に

行われるのは有名だと思いますが

実はその1~2週間後には

私立の一般入試が始まります。

実際に受験が始まっていく

一番緊張する時期ですが

そんな直前期の過去問の勉強法を

自分の体験も交えながら話していこうと思います!

 

直前期の過去問の解き方として1番大切なのは

「優先順位」です!

この時期は時間はないけどやることが多すぎるので

第一志望校に受かるためには

どの順番でやっていくのかを

明確にする必要があります。

具体的には併願校の過去問を

それぞれ何年分解くのかといったときに

傾向を把握するためには

最低でも3年

は解きたいところですが、

その過去問の自分の志望度や得点率を考えて

1校ごとに調整していきます。

特に難関大志望の受験者はこの時期

「難しい問題解きたくない…」

比較的簡単な問題に逃げがちですが

そうすると最後に完成するはずだった

部分を逃してしまうので

逃げずに毎日過去問を取り組みましょう!

 

 

ただいま東進は無料体験募集中です!
👇👇👇無料体験のリンクはこちら👇👇👇

こちらをクリック!

 

草加、谷塚、新田、足立区周辺で

予備校選びに悩んでいる方は是非一度訪れてみてください!

ご不明点ありましたら下記の電話番号に気軽にお電話ください!!

東進ハイスクール草加校

0120‐104‐690