【原点にして頂点】粘れ、足掻け、最後まで諦めるな。 | 東進ハイスクール 草加校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2023年 1月 7日 【原点にして頂点】粘れ、足掻け、最後まで諦めるな。

 

こんにちは。

担任助手4年の角田です。

共通テストが近づいてきました。

耳を澄ませば足音が聞こえるくらいに近いです。

そこで1つ皆さんの緊張を和らげる目的で

私の受験生時代の過ちをお話しましょう。

勉強の息抜きがてらに見ていってください。

 

私は4年前の共通テスト(当時はセンター試験)で

キャリアハイの点数を取りました。

当時は自分の点数が信じられなかったので

3回くらい自己採点をしました。

それでも間違いがないとわかると

自室で1人でガッツポーズをして…

そして親に点数を報告しました。

 

翌日から答案再現なるものを作ります。

簡単に言ってしまえば成績帳票みたいなものです。

そこで自分の成績に応じて偏差値や判定が出るのですが

私の場合は

日本大学(共テ利用) A判定

東洋大学(共テ利用) A判定

武蔵大学(共テ利用) A判定

中央大学(共テ利用) A判定

中央大学(個別受験) A判定

立教大学(個別受験) A判定

明治大学(個別受験) A判定

早稲田大学法学部(個別受験) C判定

早稲田大学文学部(個別受験) C判定

でした。

 

言葉は出ず、ただただ震えました。

自分の努力が実った…

やっと結果が出た…

大学生になれる…

安堵の気持ちが胸に広がりました。

何故なら私は模試でE判定とかD判定が大半で

それまでの模試でA判定などとったことが無かったからです。

 

しかし、安心が慢心に繋がりました。

勉強はしていましたが

共通テストの前の方が必死に勉強していたと

振り返ってみると感じます。

その結果

C判定の早稲田二学部は不合格になり

A判定の明治大学でさえ不合格になりました。

 

これは慢心が招いた結果だと私は思っています。

余韻に浸らず、もっと過去問に取り組めたら…

もっと真剣に勉強が出来ていれば…

『たられば』の話ですが結果は変わっていたのかもしれません。

 

受験は最後まで何が起こるか分かりません。

私とは真逆のパターンで

それまでは全然ダメだったけど

最後の最後で第一志望に受かった子も知っています。

 

皆さんに伝えたいのは

結果に一喜一憂せず

目標をブラさず

受験が終わるその日まで

情熱の炎を燃やしてください。

最後までもがいて、足掻いて、泥臭く頑張ってください。

絶対に諦めないでください。

そうすれば必ず良い結果を出せると思います。

 

 

 

 

 

同日体験受験後には新年度特別招待講習が始まっていきます!

同日体験受験をきっかけに出てきた苦手分野を実際に東進の授業で勉強し、受験勉強のスタートを始めていきましょう!

加えて新年度特別招待講習では実際に大学受験を経験した我々担任助手によるコーチング指導も行います!

今現在不安に思っていること、実際に大学に通っている人からの大学の話などたくさん相談することが可能となっています!

受験勉強は早く始めるほど有利になっていきます!

ぜひ活用して、受験勉強のスタートを切っていきましょう!

 

ただいま東進は無料体験募集中です!
👇👇👇無料体験のリンクはこちら👇👇👇

こちらをクリック!

 

草加、谷塚、新田、足立区周辺で

予備校選びに悩んでいる方は是非一度訪れてみてください!

ご不明点ありましたら下記の電話番号に気軽にお電話ください!!

東進ハイスクール草加校

0120‐104‐690