これからの試験対策 | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

ブログ

2020年 10月 16日 これからの試験対策

こんにちは!

東進ハイスクール草加校

担任助手1年の江口です!

今回は冬場の試験対策について話していきたいと思います。

冬場の試験の1番の特徴は

暖房が過剰にかかっていて、脳の機能が低下してしまうことです。

皆さんも会場の暖房が暑すぎて頭がぼーっとしてしまったことはありませんか?

こうなってしまうのにはいくつか理由があるのですが、

原因の一つに暖房の使用による酸素濃度の低下が挙げられます。

脳という部位は酸素濃度が1%でも低下してしまうと運動が低下してしまい、

平均で3%以上低下すると酸素欠乏症という病気を発症してしまいます。

更に、空気が悪いとウィルスが蔓延しやすいため、

感染症にかかりやすくなってしまう可能性があります。

しかし自分だけではどうしようもないことなので

これらの対策としては監督官に直接言うしかありません

かなり勇気のいることですが、

監督官側も感染症対策にはかなり敏感になっているので

親身に話を聞いてくれると思います。

ベストコンディションで試験に臨むためにも、そして自分自身を守るためにも

やれる対策はしっかり遂行していきましょう!