今の日本って、学歴社会なのかな? | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

ブログ

2019年 10月 23日 今の日本って、学歴社会なのかな?

 

こんにちは!

担任助手4年の吉本です!

 

皆さん最近いかがお過ごしですか?

僕は先週の土日に

ついに衣替えをしました!

校舎でのスーツもチェンジして

new吉本として頑張ります笑

 

さて今日は

「学歴」

の話をしたいと思います。

就活を通して得た経験なので結構リアルです。笑

 

「学歴」と聞くと、みなさんどんな

イメージを持ちますか?

やはり「就職に必要」

みたいなイメージがある方が多いのではないか

と思います。

「学歴社会」という言葉、聞いたことのある

人も多いと思いますしね。

 

では、本当に今の日本は

学歴社会なのでしょうか?

 

答えは「どちらでもない」だと思います。

 

現代の就職システム的に

書類選考段階で学歴を求められる

会社も少なくないです。

しかし、面接以降では大学名は特に問われません。

むしろそれよりも

「どのような理由で今の大学を

目指し、進学したのか」

を問われます。

 

 

つまりは

「良い大学に行っても、

その大学に行った理由がなければ

就職においては有利とはならない」

という形になります。

言い換えれば

「自分が勉強したい、行きたい理由が

明確に定まっている大学であれば

大学の名前なんて気にする必要ない!」

ともなるわけです。

(会社によっては「学閥」とか

いろいろあって複雑なんですけど…)

 

まあ、要するに

志望理由はめっちゃ大切!

この記事を見た皆さんは

それを心に刻んでもらえれば良いです笑

 

まだ志望校も決まってないよ!

って方は

10月27日に開催される

全国統一高校生テスト

をきっかけに自分の将来を考えましょう!

(もちろん校舎での進路相談も別で承っています)

お申込みお待ちしております!

 

 

↓↓↓↓高1生はコチラから↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓高2生はコチラから↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓高3生はコチラから↓↓↓↓↓↓