就活生、自己肯定感について考える。 | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

ブログ

2021年 5月 21日 就活生、自己肯定感について考える。

 

皆さん、こんにちは。こんばんは。児玉です。

気が付いたら担任助手3年目に突入しておりました。

時の移ろいとはなんとも残酷なものです。

 

気が付けば大学3年生。気が付けば梅雨入り。

気が付けばインターンに向かう友人たち。

 

なんだか不安になってきました。

やることは日々増えるし、時間は待ってくれないし。

 

何を隠そう、実は私は受験生なのです。

高校受験・大学受験ときて人生3度目の受験です。

多分僕は競争が好きな性分なのでしょう。

 

とはいえ、嘆いたところで何も解決しませんからね。

床に就いたときに「やり切った」とそう思えるように日々を大事に過ごしたいものです。

 

さて本日ですが

そんな悩める就活生の「これだけは大事にしていること」

というテーマです。

 

「大事にしていること」ですが、非常に陳腐なものです。

「起床時、やると決めたことをやる」

これだけ。

 

「あのテキスト、ここまで進めよう」とか

「何時までにこれを終わらせよう!」とかその程度のものですが。

平たく言えば「立てた計画を遂行する」でしょうか。

 

たったこれだけのことですが、案外大事なことだと思っています。

何故か。

 

一日が終わったときの達成感で自己肯定感が上がる気がするからです。

キャンパスに行けない大学生のささやかな生きがいですね。

 

皆さんはどうでしょうか?

日々をぼんやり送っていませんか?

ただでさえ梅雨でジメジメしてますからね。

どうせなら充実した日々を過ごしていきましょう!