早稲田大学の英語について | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

ブログ

2020年 10月 17日 早稲田大学の英語について

こんにちは!草加校担任助手1年の藤井です。

 

本日は、早稲田大学の英語について少しお話したいと思います。

 

単刀直入に言うと、早稲田の英語はとても難しいです

 

理由としては、大きく2つあります。

1つは、出典の難しさです。

早稲田の英語の多くは、Newyork Timesなどの英字新聞からの出典が多いです。

英字新聞は、英米人が読むことを前提にしているため、省略などが非常に多いのが特徴です

ですので、とても読みにくくなっています。

単語も難しいものが多く掲載されています。

 

2つ目は、解きにくい設問が多いです。

難しい単語の言いかえなどをはじめ、シビアな内容一致、TorF問題なd...

極めつけは、早稲田大学の社会科学部で出題される正誤問題です。

これは、文法的に間違えているものを選ぶ問題ですが、「NO ERROR」という選択肢があります。

これは「間違いがない」という選択肢で、これが加わるだけで一気に難しくなります。

しっかりと解くには相当な実力が必要です。

早稲田大学の英語が難しいといわれる所以でしょう。

 

本日は早稲田大学の英語についてお話ししました。

慶應義塾大と並んで英語がとても難しい大学の一つです。

ですので、しっかりとした対策が必要でしょう。

誤魔化した英語力より、硬派な実力をつけることが何より大切になります。

それでは、頑張ってください!