自己採点をする意味とは | 東進ハイスクール 草加校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール草加校|埼玉県

ブログ

2021年 8月 24日 自己採点をする意味とは

 

 

担任助手一年の藤田です!

 

みなさん、8/22の模試はいかがでしたか?

 

前回よりも伸びた!という人や、

 

頑張って対策したが思ったようにはならなかった、むしろ、、、

 

という人と様々だと思います。

 

模試が終わったらまず何より先に行わなければいけないものがありますね?

 

“復習”ですね!

 

その復習の第一段階に自己採点があります。

 

自己採点する意味とは?となった人もいるかもしれません。

 

自己採点をすることでまず自分の苦手・できなかったところが明確化します。

 

自己採点することを意識することで自分の問題用紙にしっかりと思考の過程など書き写しを残せたり、

 

本番の時の解答ズレや見直しの際解答の変更し忘れの防止にもなり得ます。

 

さらに1月にある共通テストの結果というのは、大学の一次、二次試験までに発表がありません。

 

つまり精度の高い自己採点ができないと志望校選びが難しくなってしまうこともあります。

 

自己採点する意味、なんとなく分かりましたか?

 

それでは模試の復習はしっかり早めに終えて、すぐ自分の学習に向かえるようにしましょう!!