夏に過去問をやる意味とは…?? | 東進ハイスクール 草加校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 8月 24日 夏に過去問をやる意味とは…??

 

皆さん、こんにちは。

担任助手4年の角田です。

久しぶりにブログを書くので

長々と自己紹介をしたい気持ちでありますが

時間も限られているので

早速本題に入っていきます。

 

今日お話しする内容は

【夏に過去問をやる意味】

です。

東進に通っている多くの生徒は

夏に第一志望と共通テストの過去問を10年分やります。

「え?過去問解くの早くない??」

と思った方も少なくないと思います。

 

しかし、ここで1つ考えてみてください。

我々現役生が受験で戦わないといけない相手は誰でしょうか?

もちろん同世代の方々とも戦いますが

真の猛者は浪人生だと思います。

浪人生は多くの演習を積み受験に臨んできます。

 

現役生もそれなりに場数を踏まなければ太刀打ちできません。

そのために東進では夏に第一志望校の過去問をやり

その結果を踏まえて二学期以降さらに演習を重ねていきます。

 

早期に自分の目標との距離を把握し

それに準じた適した演習を積むことが

合格への最短距離になります。

みなさんもインプットを早く終わらせて

演習に入れる準備をしましょう。