模試の復習はマスト | 東進ハイスクール草加校|埼玉県

ブログ

2020年 8月 23日 模試の復習はマスト

こんにちは!草加校担任助手1年の藤井です。

本日は、8月共通テスト本番レベル模試ですね。みなさんの出来はいかがだったでしょうか?

良くも悪くもしっかり次につなげていきましょう!

突然ですが、みなさんは模試の復習していますか?していることを願いますが、ほったらかしにしている人も少なくはないと思います。

今回は模試の復習の大切さと、やることによって僕に実際起こったメリットをお話していきたいと思います!

 

 

 

模試の復習の目的は大きく分けて3つあります。それは、

①弱点克服、②傾向慣れ、③似たような問題での得点力向上

の3つです。

 

 

 

①については、よく模試で言われるやつです。

特に東進の模試の帳票には詳細に得点についてのグラフなどが記載されているため、自分の弱点が一目でわかるようになっています!

受験後、すぐさま自分の弱点を分析して次に生かしましょう!

 

 

 

②は、主にマーク模試に言えることです。

共通テストはおおむね傾向が定まっています。そのため、基礎がしっかり固まっている人ならば模試を通して傾向なれすることで、解く度に点数が伸びていきます。

本番と同じような問題を本番同様の緊張感で取り組んでいきましよう!

 

 

 

③は、なさそうで結構起こりえます。

僕はとある大学を受験した時、英語の下線部言いかえ問題の内容が、11月に受験した難関大記述模試で出たものほとんど同じものが出題されました。

この時、僕は復習をしていましたが、してなかったらって考えると…

1点で合否が決まる大学受験ではこのミスは致命傷となるので模試で見た問題は、「ラッキー!」と思って確実に取り切りましょう!

 

 

 

今回は模試の復習についてお話ししました。

模試は、成績の良し悪しで一喜一憂するものではありません。

しっかり自分を見つめなおして学力を伸ばしていくツールです。

有効に模試を活用してさらなるレベルアップを図りましょう!